まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

季節感

暑さ寒さも彼岸までなんて言葉もあるように、つい先日までの暑さはどこへ行ったのか、朝晩は少し肌寒さも感じるようになってきましたね。

シルバーウィークは連休中はお天気にも恵まれ、お休みだった方は本当にいい休日をお過ごしになったことと思います。

僕はというと、突貫工事も順調に終わったことと、長女が運動会の代休で今日小学校がお休みということもあり、本日はお仕事をお休みして家族でお出かけでもと考えてましたが、残念ながら雨模様で、すこしへこんでいます。

さて、昨日は彼岸の中日さんということで「おはぎ」を召し上がった方も多いのではないでしょうか?

さて、この「おはぎ」時には「ぼたもち」と言われて店頭に並んでいますが、違いをご存知でしょうか?

「おはぎ」と「ぼたもち」・・・実は同じものなんです。

最近では、年中どちらの名前も使って販売されているのでややこしいのですが、実はこの名前は日本人の持つ季節感から由来されているのです。

今の時期、秋の彼岸には「萩の花」が見ごろになります。

この萩の花と形が似ていることから、秋には「おはぎ」。

一方で、春先の彼岸の季節は「ボタンの花」が見ごろになります。

秋の萩と対抗して、春には「ぼたもち」と言われるというわけです。

こういった季節感は日本の食文化とは切っても切り離せないものがありますよね。

春の七草や、麦の季節、春先だとタケノコなんかが出てくるとちょっと嬉しくなりませんか?

最近は栽培技術などが進んだこともあり、季節食材でも年中食卓に並ぶようになりましたが、季節を感じることは大切なことだと思います。

また、開発が進んだり温暖化の影響で今まではあたり前の様に見ることができた花や木なども、なかなか見られなくなってしまったりしていることも事実だったりします。

日本人として日本に住んでいる限り、季節感をしっかりと味わう文化は子供たちに継承していきたいものの一つですね。

そんなことを考えながら、「おはぎ」を食べてみるとなにか違った感じを得ることができるかもしれませんね。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ