まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

違和感

長女が小学校に通い始めて生活のリズムが変わったことに少し違和感を覚えながら、子供たちと共にリズムの変化に慣らそうと必死な日々を過ごしています。

4月に入り、新生活が始まり今までとの違いに違和感を覚えることもたくさんあると思います。

違和感を感じたからと言って、すべてを受け入れたり、否定したりしていては何もことは進みません。

自分に合ったものをできるだけ早く見つけ、受け入れるべきものは何か?否定すべきものは何か?ということを見極め、本来の自分に合った道を探すことが大切です。

そのような環境に適応していく能力をつけることも成長には欠かせないスキルですね。

今日は新聞を見ていて違和感を感じることがありました。

それは、太陽光発電事業の事業者・事業地募集の案内です。

電気の送電線の容量の都合で、太陽光発電事業も上手く回転していないと言った報道も流れる中、そういった事業者や事業地を募集しているというのはいかがなものかと感じます。

また、事業地として遊休地は理解できますが、山林や畑などである程度更地となっている場所なども募集地となっています。

環境保護のために再生可能エネルギーを利用する。

ここまではもっともな話です。。

しかし、そのために現有する自然(とはいっても人工的な山林であったりしますが)を減らして、そこを再生可能エネルギーを作るための場所としていくというのはいかがなものでしょうか?

山林・原野を保存するという動きや、林業を活発化させるための動きをもっと増やすことも必要ではないのかと感じることが多くあります。

山林や田畑を削ってまで、再生可能エネルギーは必要なのでしょうか?

山林や田畑を削ってまで、団地やコンビニは必要なのでしょうか?

もちろん、再生可能エネルギーが普及することはいいことだと思います。

新築の一戸建てに住むことで、省エネ基準の高い住宅が増えることもいいことだと思います。

しかしながら、本来の持つ自然を失ってまで必要なことなのでしょうか?

空き家問題がこれだけ言われる中、古い家を直して省エネ性能を上げることは難しいのでしょうか?

とても違和感を感じます。

しかしながら、その違和感を受け入れる必要ももちろんあるんです。

違和感を受け入れるためにも、自分自身が環境に寄与することを一つでも多くできるように頑張らないといけませんね。

皆さんも、省エネについてできることはないか考えてみてください。

建物についての省エネでしたら、ご相談に乗ることも可能です。

一緒に考えてみませんか?

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ