まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

2枚が3枚に?

なんのこっちゃ?と言いたくなるようなタイトルです。

これ、カーテンのことなんです。

カーテンが汚れたり、破れたりしてホームセンターで新しいのを買ってきていざカーテンをぶら下げてみると、レールを動くコマが余ってきたことありませんか?

これってカーテンの作りにからくりがあるんです。

カーテンはヒダの数が多くなれば厚みが増し、お部屋をゴージャスに見せることができます。

そのため、一般的には「バイヒダ」と呼ばれ曲がっている部分を多めに作ります。

そこを利用してコマにぶら下げてカーテンの開閉をスムーズにします。

ホームセンターなどで安く売られているカーテンは「1.5ヒダ」と呼ばれ少し曲がっている部分が少なくなります。

なので、かける場所が少なくなりコマが余るという現象が起きるわけです。

これ、どちらでも機能的には問題ありません。

ただし、カーテンは生地の長さで単価が決まります。

安く売られているモノはヒダの数が少ない分、生地が少なく済むため価格が下がるというわけです。

バイヒダ2枚で1.5ヒダ3枚作ることが可能になります。

そこで、悪い業者さんはバイヒダの価格をもらって1.5ヒダで作成し1枚分の単価を利益にしようと考えてきます。

新築やリフォームで「カーテン」は柄は選ぶけど価格は「高いけどこんなものかな?」と感じてしまい業者の言われるがままの価格で購入しがちですが、打ち合わせの際にはしっかり確認しておくことをお勧めいたします。

1枚分の単価でも新築のようにすべての窓にカーテンを付けているとバカにできない金額になります。

そういった部分での業者さんとの打ち合わせも大切になりますので、豆知識として頭の片隅に入れておいてください。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ