まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

電話営業の不思議

建築家の独り言(日記)

2013年12月24日

昨夜のことですが、我が家に一本の電話がありました。

内容はと言うと「ご自宅の屋根に太陽光パネルをつけることで、売電収入を得ませんか?」といきなりの発言。

私は「必要ないですよ。」と答えたのですが、相手は「売電で収入があるのにですか?」と少しキレ気味に聞き返してくるので、「必要ないです!」と言って電話を切りました。

営業さんは何を根拠に「売電収入がある」と言い切れるのでしょうか?

また、こちらの建物の状態も見ずにどうして営業ができるのでしょうか?

一般的な切り妻屋根(いわゆる三角屋根)で、南側に6kw近い発電のできるパネルを搭載したとして、発電量を試算すると、月当たり9000円程度分は発電が期待できます。

しかし、我が家のように小さい子供達がいると、どうしても室内で過ごす時間が増え、冬場は暖房器具を夏場は冷房器具を使う時間が長くなり、また照明やテレビを使用する時間が増えるため、月の電気使用料が上がってしまい、この程度の発電ではとてもじゃないけど賄えません。

また我が家の場合屋根が西側に片流れなので、太陽光パネルが効率的に稼働できる方位や角度に設置もできません。

こういった条件を無視して電話してくる営業が存在するから、太陽光パネルの設置はトラブルが増える元なんですね。

太陽光パネル設置を検討してみえるなら、インターネット上で簡単な入力をすることでどのくらい発電量が期待できるかを調べるサイトがありますのでご自身で確認をされてから、できるだけ沢山の業者に見積もりを取って設置業者を決めるようにしてください。

太陽光パネル導入を検討してなくても、発電量の計算は面白いので、是非一度試してみて下さい。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ