まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

木のつく漢字・・・その9

建築の仕事で大切なことの一つに「調査」があります。

僕の場合「登録建築物調査機関」として既存の建物が届け出された水準を維持できているかどうかの「調査」をする仕事も重要な任務としていますが、その他に仕事の依頼や相談を受けた時は必ず現地を「調査」する必要があります。

そして、見積もりや準備の段階で迷いが生じた時は必ず現場を見る、もしくは現場の写真にて現場を思い出し自分が「調査」した内容と一致しているか確認することが重要になります。

この「調査」がしっかりできているかどうかで現場でのトラブルの量が変わってきます。

「調査」の「査」という字ですが、これ実は部首が「木」なんです。

「査」は「しらべる」という意味があり「木をつかって且く(しばらく)留めて調べる」というところからこの文字ができたそうです。留めるという意味では「阻む(はばむ)」という字がこの「且」の字を使ってますね。

よく飛び込みで「お宅の屋根が傷んでいます」なんていう営業とかがいて、リフォーム詐欺なんていうのも聞きますが、「調査」には時間が必要で「初見」だけで物事を言うのは難しいところもあります。

じっくりとどまって時間をかけての「調査」は仕事にとって大切なファクターだと僕は考えてます。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ