マイベストプロ三重
石井宏明

どんな生徒でも短期間で成績アップを実現させる学習指導のプロ

石井宏明(いしいひろあき)

石井進学塾

お電話での
お問い合わせ
0598-26-8852

コラム

新たな英語教育に向けて今どのような学習をすべきか

近い将来、グローバル化が進み「使える英語」が必須となります。学校教育も、実践的でコミュニケーションを重視した学習内容となりつつあります。学生も「聞く・読む・話す・書く」の4技能を意識しながら学習することが求められています。

英語教育は3技能から4技能へ 

学校教育で何年も英語を勉強していても、実際に外国人とコミュニケーションをとれる人はわずか。それが残念ながら今までの常識でした。

しかし、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを迎えるにあたって、現状のままではいけないと英語の重要性が見直されています。オリンピックはあくまできっかけです。

今、学校で学んでいる子どもたちが卒業後社会に出る頃には、現在よりもさらに多くの国の言語・文化と直面することになるでしょう。日本国内においてもグローバル化は進み、どんな仕事をしていても異文化理解や異文化コミュニケーションと無縁ではいられません。

自動翻訳の技術革新も進んでいますが、仕事でも観光でも個人の交友関係でもいちいち翻訳していてはやはり気持ちにタイムラグが生じます。翻訳や通訳を介さなくても、最低限は直接英語を使いこなすのが当たり前の世の中に変わっていくでしょう。

親の世代で学ぶ英語は、中学・高校から始まり、ReadingとWritingが中心でした。センター試験にListeningが導入されてからは、「読み」「書き」に加えて多少の「聴く」ことも加わり3技能での英語学習となっていました。

昨今では英語学習は低年齢化しています。2020年から全面実施となる新学習指導要領によると、外国語活動は小学3・4年生から始められることになります。小学5・6年生にもなると、成績が付けられる英語の「授業」が本格的に始動します。すでに実施されている学校も見受けられるのでご存知の方も多いでしょう。

中学校での英語の授業でも、「聞く・読む・話す・書く」の4技能をバランスよく学びます。授業も基本的には英語で行われるようになるのです。

大学入試でも「聞く・読む・話す・書く」の4技能が評価基準に

大学入試も2020年度から大きく変わります。大学入試センター試験に代わって導入される大学入試共通テストでも、英語の評価基準が「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能となります。

そうなると、大学受験を見据えて高校の英語の授業の在り方も変わらざるを得ません。具体的な内容としては、英語での発表や討論、交渉などといったより実践的な学習内容が予定されています。これまでのような知識の詰め込みではなく、自分の考えを持ちそれを英語で表現する能力を育てることを目標とします。

決して短くはない時間を費やす英語の学習です。文法や翻訳中心の受け身の英語からコミュニケーションを目的とした英語へと変わることは、子どもたちにとっては良い変化です。学校教育の場で学んだ英語が無駄にはならず、実社会で使えるようになるのです。受験だけではなく、その先ずっと役立つ英語力を今のうちから身に付けましょう。

英語の基礎力を身に付ける勉強と、4技能対策を並行して勉強

英語を学ぶ際に、今後「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を意識していくことが必要なことは分かりました。英語を学ぶ目的は、この4技能を高めて実際に使いこなせるようにすることです。では、実際にどのように学習すればよいのでしょうか。

英語は言語の一種です。文法や読みだけといった一つの側面だけに着目するのではなく、各々の技能をバランスよく伸ばすことが効率よく習得できるのです。ただ、学年によっても学習方法は異なります。

小学生のうちであれば、耳を慣らすという意味からも音声中心の学習から入る方が抵抗感も少なく苦手意識も芽生えにくいです。

中学生からは英語の文法を体系的に学んでいくことで、効率的に進めていくことが可能になります。基礎固めとしてまず文法を学び、その上で実際に話すトレーニングを行っていきます。頭では理解していても、その場に応じて正しい文法を組み立てながら話すことは簡単ではありません。繰り返し練習することで、瞬時に言葉が出てくるようになっていきます。

高校生にもなれば、使える英語を身に付けながら大学受験を意識して成績も上げる必要が出てきます。具体的なやり方としては、英語の基礎力を身に付ける勉強と、4技能対策を並行して勉強します。

覚えた英文をひな型として英語力を上げる

英語の基礎は、語彙と英文法を身に付けることに尽きます。英単語と熟語は話すにしても書くにしても、知らなければどうにもなりません。こればっかりは暗記する必要があります。

文法も、英語という言語の規則性を把握していなければ、長い年月をかけて英語の海の中で慣れていくしか方法はありません。しかし、英文法を学ぶことで、早く正確に英語を使えるようになるのです。

それには、教科書の英文法を音読・暗唱すること。よどみなく暗唱し訳せるようになれば、リーディングにもリスニングにも英作文にも応用できます。10から12ワード程度の短い例文で構いません。例文の日本語訳を目にしたら、反射的に英文が口をついて出てくるレベルにまで持っていきましょう。

数百も覚えれば、英会話や英作文が飛躍的に向上します。なぜかというと、身に付いた例文をひな型として単語を入れ替えるだけで自由自在に作文できるからです。

教科書や長文読解の問題を音読する際には、英語圏のネイティブのように返り読みをせずに英文を頭から理解するように努めましょう。あくまでも英語を前から、英語の語順で読んでいくこと。頭から読む習慣をつけることで、英文をスラスラと早く読めるようになり、リスニングでも理解がスムーズになります。

この記事を書いたプロ

石井宏明

どんな生徒でも短期間で成績アップを実現させる学習指導のプロ

石井宏明(石井進学塾)

Share
関連するコラム