まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
石井宏明

どんな生徒でも短期間で成績アップを実現させる学習指導のプロ

石井宏明(いしいひろあき)

石井進学塾

お電話での
お問い合わせ
0598-26-8852

コラム

子ともに必要な思考力とは PART1

2018年5月14日

なぜ、お子さんの教育には「読み・書き・そろばん」の寺子屋形式が理想なのでしょうか。私は、お子さんの脳力を高め、色々なことに興味や好奇心を持つお子さんに育てるためには、寺子屋を通して「読み・書き・そろばん」を教えながらお子さんに接していくのが最も良いと思っています。そこを掘り下げてみましょう。

 脳力の中でも最初に必要となるのは、インプットとアウトプットの力です。インプットとは受け入れる力であり、何かを見て脳に入れる力のことです。当然、インプットがあればアウトプットも必要です。インプットしたものをコミュニケーションや書くことによって表現するのが、アウトプットに当たります。
 次に必要なのが、集中力です。読書にしても、そろばんにしても集中力は必要なものであり、これらを通して集中力を身に着けることができます。集中力は、何をするにも結果を出すために必要となるものです。将来的にも絶対に必要になってきます。

 繰り返しになりますが、そろばんでは右脳を鍛えることができます。右脳を鍛えてイメージ力を高めるためには幼児期での教育が必要であり、イメージ力はそれ以降の時期につけることができないものです。そろばんを学ぶと、そろばんの珠を頭にイメージすることができるようになりますが、これは幼児期にしかつかないものなのです。幼児期にしかつけることができませんが、一回身に付けてしまえば大人になっても忘れることなく残ります。この点において、そろばんは大切です。
 
以上のことから、幼児期に習得すべき脳力はインプット、アウトプット、右脳の能力であることが分かります。

そろばん塾ピコ

この記事を書いたプロ

石井宏明

石井宏明(いしいひろあき)

石井宏明プロのその他のコンテンツ

Share

石井宏明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0598-26-8852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石井宏明

石井進学塾

担当石井宏明(いしいひろあき)

地図・アクセス

石井宏明プロのその他のコンテンツ