マイベストプロ京都
菊岡かつら

人の心に響く「話し方」を伝授するプロ

菊岡かつら(きくおかかつら) / 話し方スクール経営

ヴォイスアカデミア

コラム

声と言葉はつながっている

2020年5月20日

テーマ:話し方

コラムカテゴリ:スクール

コラムキーワード: ボイストレーニングモチベーション 上げ方プラス思考 トレーニング

~心豊かな人は、いい声で表現力豊かに話す~

ほんとに、その通りだと思うのです。

私は声楽を学び、その後、話すことを仕事にし、
長年よい声を出すために発声を追究し、話し方を磨いてきました。

もちろん、”喋り”を仕事にするプロですから、
どんな心理状態の時でも、笑顔で、明るい声で話します。

しかし本来、悩みごとがあったり、人が信じられなかったり
自分が嫌になったり、悲しい出来事があったり
自信を無くしていたり。。。
そんな時は、いい声どころか
潤いないカサカサした声、暗くて勢いの無い声、
冷たくて温かみの無い声。。。そんな声しか出ないでしょう。

声は内面を表す鏡なのです!

内面が豊かでないと、まずは表情に表れます。
表情が乏しくなりますよね。
笑顔が無く、表情筋も動かず口角も下がります。
すると必然的に声色も暗く、響きの無い声しか出ません。
筋肉の動きが悪いと滑舌も曖昧で抑揚もつきません。

おまけに心が満たされていない人、または満たされていない時は
選ぶ言葉もネガティブです。

ボソボソと暗い声でネガティブワード満載で話す人は
残念ながら魅力的とは感じてもらえないでしょう。

もうお分かり頂けましたよね?

声は内面を表す鏡なのです。

ボイストレーナーとして、大勢の人の声と向き合ってきた中、
心が満たされていなければ単に発声練習や滑舌トレーニングをしてスキルを身に付けても、
内面と一致した魅力的な声や話し方になりにくいと実感しました。

当スクール、ヴォイスアカデミアでは、ボイストレーニング・話し方のスクールですが、
内面と一致した、幸せ溢れる声で表現力豊かな話し方の人で、世の中をいっぱいにしたい!
との想いで、内面を磨く心理学系の講座も開講しています。

これまで大勢の方が受講され、内面を磨く大切さを感じてきました。
ボイストレーニングでは出なかったのに、心理学の学びによって艶のある明るく自信に満ちた声が出るようになった人。
人前に出ると極度の緊張で話せなかった人が、
心理学の学びであがり症を克服し、人と楽しく話せるようになった人。
他にも大勢の人の効果を見てきました。

心理学の講座では、様々な実習を通して自己発見し、
今まで知らなかった自分と出会うことで可能性の幅がグンと広げます。
また、自信の手に入れ方を学び、自己を信頼できる自分を育みます。

自分を信頼しありのままの自分を受け入れ
私は人から必要とされ愛される存在なんだ と思えた時、
心の底から溢れる勇気とパワーによって、心が満たされてくることでしょう。

そして内面が豊かになった時にこそ、
自信に満ちた明るく艶のある伸びやかな声、
表現力豊かで周囲の人を惹きつけるような魅力的な話し方ができるようになります!

魅力的な声や話し方は、そのままその人の印象となり
周囲の人を包み込むような安心感を与え続けるでしょう。

この記事を書いたプロ

菊岡かつら

人の心に響く「話し方」を伝授するプロ

菊岡かつら(ヴォイスアカデミア)

Share

関連するコラム

菊岡かつらプロのコンテンツ