マイベストプロ京都
簑好子

障がい者の視点でバリアフリー社会を助言するプロ

簑好子(みのよしこ) / ピア・カウンセラー、相談支援専門員

NPO法人 とりぷるはーと

お客様の声詳細

2019年11月18日

参考になった4

今日のお話でたくさんのことを学びました。 「ボランティア活動で大切なこと」

メンタル・カウンセリングその他

10代/女性

S.Hさん

学生

プロへの依頼:はじめて

利用した時期:2019年06月

依頼・利用内容:大学でのゲスト講師として依頼・当事者のお話を聞く

みのさんは生まれてから障がいを持っていたが、とても強い人だと思いました。
小・中学の頃に同じ障がいのある人と一緒にあそんだり、ごはんを食べさすのを助けたり、車いすをおしてあげたりすることをやっていました。
高校に入って初めて自分が一人で何もできなかったこと。それでも自分の友達に助けてもらっていたことがとても良い所です。
その中でも、みのさんが人間は一人で生きていくことはできないということを感じました。私もそう思います。
みのさんは子どもをさずかってからたくさんのボランティアさんに助けられていました。

そこでボランティア活動をすると、人と出会い、自分はどんなことに興味を持っているか、お互いに楽しく、相手の気持ちに寄り添う、将来のための経験や勉強にすることを大切にすることを、大切にしなければならない。
出会いとは誰かに声をかけること。大丈夫ですかなど何か手つだいできるだけでもボランティア。
ボランティアは互いが楽しくないと両方がしんどくなるし、やりすぎることも苦しくなる。ちょうどよい感じでやるべきで自分が興味を持っているボランティアをしたほうがいいと気づかされました。

今日のお話でたくさんのことを学びました。自分の知らないことを知ることができました。本当にありがとうございました。
「一人でなやまず、誰かに相談すること」この言葉を心にキープします。
何かあった時、苦しい時にできるだけ相談したいと思います。
「障がいのある人に、にっこりと何かをお手伝いしましょうか」というだけでもボランティア。これから私もこのようなことをしていきたいと思います。

とても分かりやすかったです!
ありがとうございます!

あなたの評価は? 参考になった

投稿はユーザーが依頼をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

Share
このプロの「参考になった」が多い声

簑好子プロのコンテンツ