まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
水沼国男

東洋医学の知識を伝えてより健康に導く鍼灸のプロ

水沼国男(みずぬまくにお)

鍼灸瑛

水沼国男プロのご紹介

東洋医学の知識を伝授し、自分の力でより健康に!笑顔で毎日過ごせるよう導く(2/3)

ひとりひとりの体調や生活習慣に合わせ、オーダーメイドで鍼灸治療とアドバイスを実施

訪問鍼灸で、地域のかかりつけとなる、ホームドクターを目指す

 セルフケア同様に力を入れているのが自宅への訪問鍼灸です。というのも、水沼さんの大学には鍼灸院を併設していましたが、シニアの中には通院が難しい人もいたからです。また、水沼さん自身、高齢者総合福祉施設でも20年以上鍼灸治療を続け、ケアマネージャーの資格も所持。介護の現場や抱える問題を、従来とは異なるアプローチで解決したかったからです。

 「平成22年の厚生労働省の報告では、平均寿命と健康寿命の差が男性は9.13歳、女性は12.68歳と発表されています。この平均寿命と健康寿命の期間は日常生活に制限のある不健康な状態。この期間をできる限り短縮し、自分の家で笑顔で過ごせるようサポートする“地域のかかりつけ鍼灸院”を目指しています」

 介護によるリハビリは、運動疾患の改善に限定されますが、鍼灸は、腰痛などの痛みの緩和、便秘、食欲不振、不眠など、幅広く体の不調をカバーできるのも強みでしょう。

 「介護ではシニアだけでなく、介護している家族も疲れているもの。自宅への往診では一緒に鍼灸治療を受けてほしいですね。また、介護にとどまらず、通院しにくい小さい子連れのお母さんにも母子で利用していただきたい。鍼灸は子どもの夜泣きや夜尿症などの改善も期待できますからね。家族全員の不調の相談や鍼灸診療も対応し、ファミリードクターになることも目標です」

水沼国男プロのその他のコンテンツ

Share

水沼国男のソーシャルメディア

facebook
Facebook

水沼国男プロのその他のコンテンツ