まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

船木芳朗プロのコラム一覧:不動産の知恵袋

建ペイ率50%、容積率80%、高さ制限10mで3階建てが建たないと思っている人がほとんどですそれはなぜ???と考えたんです日本では家を ★ 自分に合わせて建てる物 ではなく、 買う物 ★ と考えているいる人が大半です。ハウスメーカなど企画住宅を建築している会社は間取り...

古民家に憧れる人が多く人気ありますね。古民家は大きく分けて、一戸建と連棟住宅(昔の長屋)の2種類です。どちらも昭和初期の建築なら基礎が無く、束が石の上に載っているだけなので全く耐震の事は考えてないです内装にお金を掛ける前にまず束が載っている石をコンクリートで造りなお...

今日は、❤ 「住んで喜べる不動産の買い方」 ❤ のコツを・・・不動産を見にいって一番重要なのは、♡ 「見学してそこに住みたいと思ったか」 ♡土地でも、中古住宅、賃貸住宅でも同じですお客様と見学に行ったら必ず聞きます ♡ 「見学されて、ここに住みたいと思いましたか」 ♡...

なぜ金持ちが集まるように? 「高級住宅街」のルーツとは面白い記事発見フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋した物です東の田園調布、西の芦屋といえば、高級住宅街の代名詞。ほかにも元麻布や広尾など、高級感漂う街はいくつかあるけれど、これらの街はなぜそうしたイメージを...

最近は 「民泊」に話題がさらわれている感じがありますが、「シェアハウス」も人気あります。最近特に、若者たちが憧れる独り暮らしのスタイルが変化してきているおしゃれなワンルームマンションでの都会的な生活から、複数の人たちと暮らす「シェアハウス」へと趣向が一変それも、ちょっ...

老朽化した中古オフィスビルの改修需要が高まっている入居率のアップや賃料の下落を防ぐのが目的だが、改修項目として増えているのがトイレのリニューアルだ「女性用トイレの改修が魅力向上に一役買っている」(大阪ビルディング協会)といわれ、ビルオーナーの間では今、“トイレ革命”が合言...

 ☆ マンションのベランダ基礎知識快適なマンションライフに欠かせないのは、日当たりやセキュリティーはもちろん、何と言っても近隣住民との良好な人間関係ですよね集合住宅で暮らす以上、避けて通れないのが近所づきあいだ~~~しかし、最近、ベランダでのトラブルが急増~~~皆...

マンションのエレベーターや廊下は誰のもの ☆★ 分譲マンションは、2つの部分に分類できます ☆★ 1つ目は、皆さんが個々に所有する各住戸部分です簡単に言うと、「各住戸の壁紙から内側の部分」がこれに当たりますこの部分は皆さん個々の所有物です 専門的な言葉では「専有部分」...

今回は、不動産購入で一番大切な接している道路の事の豆知識です法42条2項道路とセットバックに付いて古くからの住宅地には幅員が4m未満でセットバックを必要とする「みなし道路」が数多く存在しています購入しようとする住宅の敷地がこれに該当するケースも多く、敷地のセットバッ...

賃貸マンションやアパートの一室で、自殺や殺人、死亡事故があったり、過去に火災や水害による被害を受けた物件などは ★ 「事故物件」 ★ と呼ばれている「事故物件」は、通常と同じ家賃で貸し出したり売り出したりしても客が付きにくいだからといって、その事実を隠して契約を結べば...

どの業界でも昔からある暗黙の了解が存在していますよね不動産業界に暗黙の了解が・・・・今日はその1つをお話します★☆★ 不動産業でのメイン収入は仲介手数料 ★☆★ です仲介手数料は、仲介した物件価格にX3%+6万円(別途消費税)を貰う事ができますこの仲介手数料は、売主・...

「不動産を売る時どこに頼めばいいか・・・」まず考えますよね一般的に多いのは、☆彡大手不動産業社の何社か査定して貰い、一番価格を高く言ってもらった所 に依頼される人がほとんどです☆彡ここに落とし穴が・・・ ★☆★ 一番危険なのが価格を高く行った会社に依頼する事です ★☆...

夢のマイホーム購入で、どこに購入するか検討する時に必ず出てくる話は、「実家に近い所」っと言われる事が多いです実家に近い・・・はもちろん奥様の実家です。ちょっと見つけたアンケート情報があるのでご紹介させて頂きます★購入する時、実家との距離をどう考えた   1位、...

あまり考えたくないことですが、もし住宅ローンを払えなくなったとしたら、どうなるのでしょうか もちろん払えると思ったからローンを組んだわけですが、このご時世、勤務先が経営不振に陥って給与を大幅に下げられたり、リストラされたり、あるいは病気になって働けなくなったりということもあ...

売買物件・賃貸物件のどちらにも存在する ★ 「ブラック物件」 ★今回は賃貸の事を例にあげてご紹介させて頂きます。マンションやアパートを探すときに、 「ブラック物件」という言葉を聞いたことはありませんか?いったい、どのような部屋をそう呼ぶのでしょうか『不動産屋は見た!』...

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share