まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

マンションのエレベーターや廊下は誰のもの?

不動産の知恵袋

2017年12月11日

マンションのエレベーターや廊下は誰のもの

 ☆★ 分譲マンションは、2つの部分に分類できます ☆★
 
1つ目は、皆さんが個々に所有する各住戸部分です
簡単に言うと、「各住戸の壁紙から内側の部分」がこれに当たります
この部分は皆さん個々の所有物です

専門的な言葉では「専有部分」といいます


2つ目は、エレベーター、廊下、隣の住戸との境の壁や床下・天井上の建物の構造部分、敷地など、各住戸部分以外のすべての部分です。
これらは、マンション所有者全員による共同所有物です。

専門的な言葉では「共用部分」といいます


マンションの住戸部分(専有部分)は、建物の構造部分(共用部分)なしには存在できず、一体不可分です。
このため、「マンションの住戸部分(専有部分)のみを購入する」ということはできません。
したがって、マンションのある住戸を購入すると、その人はその住戸(専有部分)の所有者になると同時に、住戸以外の部分(共用部分)の所有者(ただし他の所有者全員との共同所有)にもなるわけです。

マンションのエレベーターや廊下(共用部分)は、マンションを分譲した業者の所有物でもなければ、マンション管理会社の所有物でもありません。
マンションを購入した皆さん全員の共同所有物です。
したがって、皆さんが共同して、責任を持ってしっかり維持・管理していく必要があります。これを行う組織が「管理組合」です。

 注意***  ベランダは個人の所有物ではない  ***

マンションの住戸に付いているベランダは、普段は各住戸に住んでいる人による独占的な使用が認められています。
しかし、意外だと思われるかもしれませんが、ベランダはマンションの建物構造部分であるので、個人の所有物(専有部分)ではなく、マンション所有者全員による共同所有物(共用部分)です。
このため、独占的に使用できるとはいえ、使用方法は制限されます。
またベランダは、いざというときには避難経路として使われます。大きな物を置いたり、テラスハウスを設置したりすることはできません。
各住戸の壁紙が貼ってある壁自体も、「共用部分」です。建物構造部分である壁の中には、コンクリートを支えるための鉄筋が数多く通っており、これが切断されると建物の安全性に重大な影響を及ぼします。
エアコンを増設するなどのために壁に穴をあけるのは非常に危険ですので絶対にやめましょう。
  
     ※その他、サッシ・窓ガラス・玄関のドアなども「共用部分」です

おまけ   さくらハウス施工事例
   ❤ 広さ3畳、高さ2m70㎝、モザイクタイル貼りの浴室
     あんじょう庵 (73)M.JPG
  
   ❤ 2型キッチンと無垢1枚板のダイニングテーブルを組み合わせた
     

   ❤ シンク一体のステンレスシンクを使ったリサイクルキッチン
     2016-05-07kittinn  (3)
  
   ❤ 紫香楽焼きの登記シンク、モザイクタイル、お客様持ち込みの鏡を組み合わせた洗面所
     2016-04-23リノベ (3)

   ❤ 食器棚をリサイクルしたカウンター付収納
     2016-04-23リノベ (1)

この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share