まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

希望通りの家を手に入れるには・・・

良く聞く不満が・・・
 土地を購入して、新築を建てた場合・・・
   1 エリア優先で先に土地を購入したので、
     建物の予算が減ったので、建物に不満が・・・
   2  建築会社を決めていたけれど、ほしい土地が
     建築条件付だったので、建物に沢山の不満が・・・
   3  建築条件付の土地を購入し、注文住宅と思って
     いたが、決めれる事は少ししかなかった・・・
など、建物に対しての不満だらけです
  
  中古住宅を購入した場合の不満
   1  エリア優先で中古住宅を購入したので、家が
     希望より小さかったが購入してしまった・・・
   2  築年数が新しかったので、建物が割高で、思って
     いたリフォームをする予算がなくなった・・・
   3  中古住宅を購入してリノベーションをする予定
     だったので、中古住宅を不動産業者から購入し
     リノベーションはその後、建築会社に頼んだ
     けれど、思っていた以上に費用がかかり、更に
     借入も増やす事が出来ないので、希望を減らした
     リノベーションに・・・不満だけが残った・・・
など、こちらでも建物に対しての不満だらけです

不満だけ残り、簡単に買い替え出来ないのが不動産・・・
せっかく夢の住まいを購入して、こんなに不満が出ている事が多い現状をなんとか代えたいとの思いが・・・



では、少しでもお家を購入した人の不満が出ないようにするのはどうすれば良いか、満足してもらえる不動産購入方法を知ってほしい・・・

希望通りの家を手に入れるのは、
1 不動産を持っておられない人には、土地を購入し
   新築注文住宅を建てる、
 2 中古住宅を購入しリノベーションをする

のどちらかの方法になります



さくらハウスに来られたお客様は、こんな方法で住まいを持たれています。

 1 土地を所有されていない方には土地探しから、
2 中古住宅を所有されていない方には、中古住宅探しからを

お客様と一緒にさせてもらいます。
さくらハウスで土地を探して新築注文住宅を建てる場合、中古住宅を購入してリノベーションする場合は

 ★☆★ 他社とはちょっと違う方法を取ります ★☆★ 
 
 土地を購入して、新築注文住宅を建てる場合は、
   1 建築したい建物の雰囲気やデザイン・部屋の広さ・
     使いたい材料・設備商品・建物の性能などの希望を
     お聞きして建物の予算を決定
   2 土地購入代金、建物の建築代金、諸経費などの
     必要な費用け算出し、資金計画を作成いたします。
   3 総予算から、建物の建築代金、諸経費を引いた
     残りの予算を算出して、予算で収まる土地探しを
     します。
  
 中古住宅購入+リノベーションする場合は、
   1 リノベーションしたい建物の雰囲気やデザイン・
     部屋の広さ・使いたい材料・設備商品・建物の
     性能などの希望をお聞きして建物の予算を決定。
   2 中古住宅購入(一戸建・マンション)購入代金、
     建物の建築代金、諸経費などの必要な費用け
     算出し、資金計画を作成いたします。
   3 総予算から、リノベーション代金、諸経費を引いた
     残りの予算を算出して、予算で収まる中古住宅
    (一戸建・マンション)探しをします。 

なぜ、この様な順番なのかは、さくらハウスの家創りで
大切にしていること

    ★☆★ 家は「買うもの」ではなく自分が暮らすために「創るもの」 ★☆★ 

からの考えた答えです





新築注文住宅を建てる、中古物件を探す、リノベーションをする、をすべて同じ会社の同じ担当者が出来る事はほとんどありません
さくらハウスでは、代表の船木が新築注文住宅・リノベーションと不動産仲介業・住宅ローンの持ち込みなど・・・
家を創るのに必要不可欠な事を全てをこなせる事が強みです。
建築と不動産仲介の両方がわかっているスペシャリストだから出来る。
これがさくらハウス最大の強みです。

さくらハウス代表 船木は、30年間で約800件ものお客様と家創りをしてきた経験とノウハウは、家創りのあらゆる事に対応出来ます。
このノウハウをさくらハウスではすべてのスタッフで共有し、どのコーディネーターも同じ事が出来ます。

更に船木は、京都新聞社が運営する 「マイベスト プロ 京都」 にも登録され、プロとしての評価を頂いている事は、お客様に本当に安心して頂けると思います。
 
   ❤♡❤  「希望通りの家を手に入れてほしい」 ❤♡❤ 

と常に思っております

ちょっと気になった・・・・・方はお気軽にご相談ください。
   メール info@sakurahouse-kyoto.jp
   FAX  075-366-8990
   電話  075-366-8998
  
一緒に家創りして頂ける方、お待ちいたしております

この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share