まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

収納の賢い使い方・5つのポイント

建築の知恵袋

2016年10月1日

最初はキレイな部屋でも、すぐに散らかし放題は当たり前
慣れてしまえば汚くても……というようでは困ります
せっかくある収納を賢く使って、いつもキレイな部屋で快適な生活を送るようにしたいものです
そこで、さまざまな収納の特徴を理解して、便利な使い方を活用してみましょう

まず、さくらハウスで施工した収納事例を5件ご紹介

子供部屋の机上をロフトに



ディズニーグッツを飾る為の壁面収納を


 
洋室クローゼットの奥行を有効に使えるように
可動棚とパイプを取りつけ





ダイニングキッチン上に寝るスペースと段差をあげた何度を創ったロフト



◆◆◆ 多様な収納部分

☆ロフト
 天井裏のスペースを解放して、ベッドや収納に使えるタイプがこれ
 とくに室内階段があるわけでもなく、はしごを使うのが一般的です
 その広さもさまざまで、1帖程度のものから、もうひとつのお部屋として使える広さを持つロフトもあります
 まとめて収納できるので、すごく便利ですが、若干日当たりは悪いです
 ロフトが流行した時代もありましたし、今なお人気は高いですが、天井に開放感がないのが欠点とも言えます

☆畳下収納、床下収納
 戸建住宅に多く見られる収納がこれです
 和室の床下に一畳程度の収納部分があったり、引き出しが畳下についていたりします
 どうしても継ぎ目が見えたり、引き出しも見えたりしてしまいますが、それが気にならなければ、とても便利な収納なのです
 引き出し式の畳下収納には衣類や箱もの類、キッチンの床下収納にはビールケースを入れておくことができます
 最近では電動式で開閉するものもあり、取り出しも簡単になってきました

☆ウォークインクローゼット、シューズクローゼット
 マンションに多く見られる収納の一種です
 部屋とは独立して、歩いて入れる広さを持っています
 ハンガーパイプや棚が付いていることが多く、衣類だけでなくふとんの収納にもぴったりです
 どちらも洋室に似合う、すっきりとした暮らしに役立つ収納ではないでしょうか
 間取りの表記には、ウォークインクローゼットはW.I.C、クローゼットはCLと表記されることが多いので、
 不動産屋さんの図 面を注意して見たいものですね

☆シューズクローゼットは、主に玄関に作り付けとなっています
 風水的にも、玄関は住んでいる人の運勢に影響を与える、とても大切な場所だとか
 シューズクローゼットに靴をきれいに収納すれば、運気UPに役立つかもしれませんね

☆納戸・押入
 少々古めかしい呼び名ですが、3~6帖位の大きさがあり、採光がとれないケースも多々あり、独立した収納部屋
 を納戸と呼びます
 居室とは切り離れた室内型の物置なので、生活に影響を与えないところが魅力です
 押入は、和室の部屋のほとんどに付いています。ここでは中に、積立式のボックスを積み重ねてスペースを有効に
 使いましょう
 ボックスは透明タイプのものが使いやすく、中身が見えるので中に何が入っているか見えてオススメです

☆収納雑貨
 チェストやボードが一般的です。色やデザインの種類が豊富で、可動性が魅力。部屋の雰囲気に合わせて
 セレクトできます

◆◆◆ 収納の取り入れ方法
まず、メインの収納アイテムを選びます。ロフトや納戸は、採光面では少々難がありますが、とにかく広さが
欲しい方にはオススメです
ウォークインクローゼットは、収納しやすいこととおしゃれな感じが出せる点からも、洋服の収納にはもってこいですね

次にサブ収納を選びます
収納雑貨は、カタログやネットショッピングにも大きさや形もさまざまなものが出ていますから、たくさんの種類を見て、
「目を肥やす」ことが大切
収納雑貨は、高さと幅と奥行きがポイント
高く積めるタイプや組み合わせて横に並べるタイプなどその種類はさまざまです

低い高さのチェストやボードの上には、観葉植物を置いたりテレビを置いたりすると粋な感じになりますよ
高さのあるボードは、どうしても圧迫感が出てきますから、厚みのない幅の狭いタイプを選び、それを2~3個並べて
みましょう
色は2色まで
あまりたくさんの色を使ってしまうとそれだけで、雑多な感じになってしまいます

◆◆◆ 収納アイテム内部

100円ショップが大活躍します
クリアケース、小型ボックス、ボール紙箱、壁掛け式ホルダーなどを使って、収納の中身もすっきりさせましょう
商品に貼(は)られているシールなどで大きさが確認できますから、しっかりmm単位までメモして収納アイテムに
すっきり納まる大きさを選んでいきましょう
色は透明か白で統一しましょう
何が入っているか一目瞭然(りょうぜん)
入れ替えも簡単になります

◆◆◆収納上手とは

モノをたくさん持つことは、時代に合わなくなってきました
洋服も雑貨も自分が本当に気に入った少数の上質なモノを周りに置く、がこれからの主流になっていくでしょう
モノの整理は、心の整理
心地よく暮らすためのルール作りこそ、快適ライフの秘訣となるはずです

以上は(OFFICE-SANGA 渡辺久子)のコメントでした

共感できる事がほとんどですが・・・
収納の達人 船木 の思い考えは、事務所でも威力発揮
収納の悩みは、収納の達人 船木にお任せを・・・
個別に悩みを受け付けます

ご相談はこちらから

この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share