まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

高性能住宅は3つの事が全て必要(その1 断熱性能)



快適な暮らしをするには、まず建物が高性能住宅でないと快適に暮らす事はできません。
では、どんな性能が必要か?

 1、断熱性能
 2、気密性能
 3、換気性能

の3つ全てが一定以上の性能は必要になってきます

今回は、断熱に付いてのお話です
断熱材にはいろんな種類が販売されています。
すべて断熱性能も違い当然価格も違います。

さくらハウスでは、沢山ある中から、硬質ウレタン(特許工法)で創られている FPコーポレーションの
ウレタン断熱材 (ラクティ) を使用しています



断熱性能は一番良い、しかも工場で特殊な圧縮技術によって均等に性能を発揮できるよう
パネル形状になっています。
パネルなので、施工もしやすく、どの壁に入れても同じ性能を発揮できます。
現場施工のウレタン断熱材では、どの壁も同じ性能に葺吹き付ける事は不可能です。

断熱性能だけではなく、
 1、パネル形状の為、気密工事がしやすい
 2、冷蔵庫にも使われていますが、ウレタン断熱材自身が温度(夏は冷気、冬は暖気)
   を含み室内温度保存できる
 3、耐水性に優れ、経年劣化を抑制出来る
事も、使っている大きな特徴です

屋根には、太陽の熱を反射させる為に遮熱材(タイベックシルバー)を付け、遮熱効果がある
FPコーポレーションの ウレタン断熱材 (ラクティーシルバー) を標準採用しています



厚さ50㎜~105㎜の硬質ウレタン断熱材を、床・壁・屋根に入れ、魔法瓶構造が、
さくらハウス標準の断熱工事です。

この工法は、新築注文住宅だけではなく、今人気の 中古住宅購入+リノベーション、
リノベーション・リフォームでも出来ます。
各お問い合わせは、
  1、新築注文住宅
  2、中古住宅購入+リノベーション、
  3、リノベーション・リフォーム

硬質ウレタン断熱材を使用した 施工事例を2つご紹介させて頂きます
 1、玄関土間から勾配天井の屋根まで・・・高さ約9mある吹き抜け

 2、玄関・ダイニング・ロフト寝室まで、すべて3層吹き抜け


こんな大空間でも1階床から3階天井までの温度差は、約1℃fです
現在、夏の体感会を開催しています。
是非、この期間に、床から天井までの温度差がほとんどない家を体感してほしいです。
体感会は、さくらハウスオフィシャルブログ 「さくらの音沙汰」  よりご覧ください

快適な高性能住宅を手に入れる 「ヒント」 になると思います

この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share