まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

不動産売却依頼方法は2つ・・・

不動産の知恵袋

2016年7月11日

2016-06-12マイベスト (5)

2016-03-26省エネ (5)

2016-03-26省エネ (4)

不動産売却依頼方法は大きく分けて2つあります
1社だけに売却依頼する 「専属専任売却」 「専任媒介契約」
複数の会社に売却依頼する 「一般媒介契約」
があります

さて、どちらが売主さまにとってメリットがあるか・・・
答えは

☆★☆「専属専任売却」 「専任媒介契約」☆★☆
1社に依頼した方がいいんです

理由は
不動産仲介業とは、
成約すると  不動産を売却する人(売主)さんから仲介手数料を頂く
         不動産を購入する人(買主)さんから仲介手数料を頂く

売主側の仲介業社は売主さまから
買主側の仲介業社は買主さまから
不動産業社お互いのお客さまからもらうだけで、不動産業社間では、仲介手数料は発生しない
分かれ(不動産業界用語)になります

但し、売主さまから売却以来を受けている業社が買主さまも見つけると、
売主さま、買主さまの両方から仲介手数料をもらうことができます

「専属専任売却」 「専任媒介契約」にすると、売主側から確実に
仲介手数料をもらえるので、広告掲載したりとかで、販売する事を全力で行います
しかし、 「一般媒介契約」にすると、お客さまは依頼している数社中から1社だけを通して
売買契約する為、通してもらえなかった業者は1円ももらえません
当然広告等の販売経費は、成約できなければ得る事が出来ないので販売活動を頑張らないのが現状です





追加・・・
「専属専任売却」 「専任媒介契約」で売却依頼をするとその1社だけが買客を探すのではなく、
すべての物件を不動産流通機構に登録する事で、全ての不動産業社に、販売資料が廻るます。
買主さまを依頼した不動産業者だけでなく、全ての不動産業社が買主さまを探すのでご安心ください

不動産売却される際は さくらハウス にご指名頂けれは嬉しいです
お問い合わせは こちら から

この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share