まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

あなたの家は大丈夫?運気を下げる自宅のNG特徴5つ

建築の知恵袋

2016年6月12日

梅雨のシーズン、蒸し暑くて気分も沈みがち
まして家にいるときに以下の様なことをなしていると、プチうつ、偏頭痛、気分はどんより、やる気は起きない、何をやってもうまくいかないなど、ますますその傾向が深まってしまいます

そうならないために、まずはご自宅を快活にすれば、梅雨であっても心は晴れ晴れとして運気アップされますよ

国際風水科学協会認定 風水鑑定士の福岡和昭さんに、梅雨時に運気ダウンする自宅についてコメントを・・・

1:玄関周りが散らかっている
  家の玄関は人間にとっては、顔や頭の部位になります
  そのため気が通るように、きれいにしておくことが大切です
  靴が出しっ放し、ゴミが散らかっているというような状態ではいい気も入ってきませんし
  悪い気も外に出すことができません



2:トイレが汚い&使用したトイレのフタは開いている
  トイレが不衛生だと運気が下がります
  運気どころか全体的に多くのことが悪化してしまいます
  また、トイレのフタを開けっ放しにしておくと、財運低下に繋がります
  トイレの香りも運気の大きな要素なので、トイレのフタは必ず閉じましょう
 


3:内扉を開けっ放しで出かけている
  内扉は在宅に運気を溜めておく場所を守るのです
  ですから、帰ってきた時に内扉が空いていると、すでに運気が逃げてしまっていることになります
  外出時はしっかり内扉を締めて出かけましょう



4:バスルームが水浸しのまま
  バスルームがジメジメしていると、憂鬱さを誘発される原因になります
  梅雨の時期は、1年のなかで一番湿気が多く、ジメジメしている時期ですので、
  普段以上にカビや臭いも気になります。  
  とくに水場は、換気扇、乾燥には気を使いたいところですね



5:観葉植物がない
  観葉植物は見た目にも優しく、室内の悪い気を吸い取ってくれます
  運気アップをしたいなら観葉植物にこだわりましょう
  ちなみに、花がついているものはいけません
  観葉植物は葉が多いので、多く悪い気を吸い取ってくれます
  ぜひ、おすすめです



このほかにも、大きな壁に青空や大海原の絵やポスターを貼る、一日のはじまりの朝に気分爽快になるアロマを炊くとやる気を推進します
この時期、外の雨やジメジメとした気分から開放される部屋づくりで運気アップしましょう

この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share