まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

「実家」と「新居」ベストな距離は?

不動産の知恵袋

2015年11月21日

夢のマイホーム購入で、どこに購入するか検討する時に必ず出てくる話は、
「実家に近い所」っと言われる事が多いですね



そこでアンケート情報があるのでご紹介させて頂きます

購入する時、実家との距離をどう考えた  
 1位、実家の近くに住もうと考えた  <妻側の実家>  32.3%
 2位、実家の近くに住もうと考えた  <夫側の実家>  21%
 
購入する新居と実家の距離に付いて親と話あった
 1位、どちらの実家に近い  <妻の実家寄り>  42%
 2位、どちらの実家に近い  <夫の実家より>  34%
購入時に親から資金援助を受けた
 1位、受けた  <夫の親から>  529万7900円
 2位、受けた  <妻の親から>  317万8500円

の結果です。
奥様の親の近くに住み、援助は夫からの親が多かったですね
僕が、実際仕事していての統計も同じでした
超 近居、実家まで5分以内の人が、27.6%も、5分~10分の人が、16.1% 

距離的なは、最長でも1時間くらいの間で、自分たちにとって近すぎず遠すぎない、程よい距離を保っている人が圧倒的でした
近ければ、毎日顔を合わせ、ちょっと離れていれば、週に1,2度実家を訪れる程度です



では、実家から離れて暮らす人にもアンケートを取ってみました

実家への距離に配慮しつつも、通勤しやすさを優先する理由が1位です

親を説得する材料としては、
 1位、仕事を理由にする
 2位、子供の教育環境の為
にすると親の納得を得られやすいと言う意見が多かったです。



最後に親と一緒に住む

アンケートで聞いた300人の中、夫の親と同居が14人、妻の親と同居が10人、
同居は結構少数派でした

子育て、健康への気遣い・・・いつも助け合える安心感がある
 1位、「子供の面倒を見てくれたり、お互い助け合える事」
家事、育児の分担や、親の健康面に気をいれて、安心感があると感じる人が多いです

おもしろい結果が・・・
 同居している家族は子供が3人以上いるお宅が全24家族中、5家族も両親と一緒の暮らしは、実は子育てしやすい環境といえるのではないでしょうか・・・



さてあなたはどれを選びますか

この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share