まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

便器を斜めに取りつけ、入口が2つあるトイレ



最近トイレにちょっと 「こだわり」 をされるお客様が増えています。
飲食店、ホテル1階のトイレ、百貨店の1階トイレ、ショッピングモール、アウトレット、など・・・
トイレにこだわりがある所が多いです。
船木自身もどこかに行った時は、トイレにどんな工夫がしてあるか・・・が楽しみにトイレ調査しています。
そんな考えなので、お客様の家を一緒に創らせて頂く時に、トイレにちょっとオリジナルな仕掛けを常にしています

今回は自宅のトイレ

2階リビング・ダイニング・キッチンが、2階中央に吹き抜け廻りにレイアウトされています。
家の中で一番長い時間過ごすリビングの近くに、トイレをレイアウトしました。
そこで、欲張ったのは、リビングからとダイニングキッチンから両方とも使い勝手が良いレイアウトと考えて出来たのが、

「 便器を斜めに取りつけ、入口が2つあるトイレ 」



図面をみてもらうとわかりやすいので、今回は図面を添付



ダイニングでご飯を食べている、キッチンで家事をしている時に、お客様がリビングにおられたら、リビングに入らないとトイレに
行けないのは、来客が多いわが家では、起こりえる可能性が高いと思ったので、入口が2ヶ所あるトイレが出来ました
入口が2つあるので、トイレですが通路としても使っています。
タンクレストイレが出た時なにで、タンクレストイレを採用、そのお蔭で便器が小さいのですが、更に通路として考えると最終的に、便器を斜めに付ければ、更に通路として通りやすい事に気づいたのが、斜めに取り付けた原因です。

暮らしてみると、トイレに入口を2つ付けて通路にも使える事がすごく便利・・・
成功例として、お客様にお話しする事が多いです。

トイレですが、これだけ考えて創る建築会社ははたして沢山あるのだろうか?
と思う事がありますが、さくらハウスでは、ごく普通にトイレにもこだわりも持って創らせて頂いております。

さくらハウスが一番こだわっているキッチン
「こだわりのオリジナルトイレ」コラム(2事例)  を是非ご覧ください
きっと創ってみたいトイレのヒントを発見出来ると思います
いろんなアイデアを持ってお待ちしています
一緒にトイレまでこだわって創りたいと思って頂ける人募集中です




この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share