まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

新築 手書き図面ぎゃらりー テーマ「眺望といっしょに暮らす」

さくらハウスの家創りは、1件ごとに違います。

さくらハウスの考え
家創りで大切にしていること・・・
家は、買うもの」ではなく自分が暮らすために「創るもの」

お客様の家創りのお手伝いをする事だと考えています。

その為、新築図面の打ち合せはすべて手書きでさせて頂いております。

すべての家創りには、お客様が暮らす為の家なので、間取りから「テーマ」をまず決めて図面を作成いたします。

今回ご紹介のテーマは
   「眺望といっしょに暮らす」

この図面は、さくらハウスで販売依頼を受けている土地を販売する為に書いた図面です。

現状の土地を生かすためにまず考えたのが、
1、北側が家もなく、竹林が見える事を生かす
2、両面道路、北と南面が道路に面する事を生かす
3、車を2台をビルトインガレージに、更に来客用に1台分の駐車スペースを取る

を生かす為に作成した図面が

2014-11-08新築 PLAN 51

まず、2階
「暮らしで一番長い時間をすごすリビングを2階に」
1、リビング部分は北側の眺望を望めて、南からの太陽の光を入れる為にL字型にしました。
  1階に中庭と取った事で、この土地に最大限リビングを生かす事を考えました。
  リビング入口には、家族・お客様が利用しやすいクローゼットを創っています。
2、キッチンは人気の食器棚とキッチンを Ⅱ 型でオープンタイプにレイアウト、キッチンからも竹林を眺めれます。
3、ダイニングはキッチンに延長に設置する事で使いやすさを重視、中庭を眺めれるようにカウンターを徹と設置しました。
  さらに、人気のパントリーも設置しています。
4、子供部屋をリビングの横に、子供が家に帰ってきたら必ずリビングを通らないといけないレイアウトに
  子供さんが将来家を出られた場合、1室にして夫婦の寝室、ゲストルームとして使えるように考えています。

1階
1、ビルトインガレージは車2台と収納を
2、2階の部屋の下を利用したアプローチ・・雨でも使いやすいレイアウトに
3、玄関は、ビルトインガレージからも出入り出来る設計に
  玄関にもクローゼット、中庭も望め、さらに中庭を望みながら 「らせん階段」 を上がって行く設計です。
  らせん階段は回廊風に吹き抜けの中を上がって行きます
4、洗面所は裏に出れる勝手口を、洗濯物を干すのにすごく便利です。
5、注目の浴室、広さ2、5帖、浴槽からは竹林と中庭の2つを眺めれるように設計。
6、主寝室は、広さ約4帖のウォークインクローゼット、
7、竹林を望める北側に広さ8帖のテラスを
  雨の日はここに洗濯物を干すことにも利用出来るように設計

さくらハウスでは、家創りしてもらう時だけではなく、住まわれてからも長いお付き合いをしていきます。
その為に数年先の計画を描いておられるお客様には、必ず将来の間取り変更まで、お聞きしてご提案をさせて頂きます。

こんなオリジナルな家を建築したい方と是非一緒に家創りをしたいと思います。

さくらハウスの新築手書き図面を見たい方は、

さくらハウスのホームぺージ内のこだわり手書き図面集
からこだわり手書き図面集 ご覧ください。

新築 間取りのご相談・お問い合わせは、

TEL  075-366-8998
FAX  075-366-8990
メール  info@sakurahouse-kyoto.jp

暮らすための家創りをしたいとお考えの方、お待ちしています。

この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share