まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船木芳朗

自由な発想で住み心地を創造する住宅のプロ

船木芳朗(ふなきよしあき)

さくらハウス

コラム

新築 手書き図面ぎゃらりー テーマ「玄関とテラスが一体になった家」

新築 手書き間取図 ぎゃらりー

2014年11月3日 / 2014年11月8日更新

さくらハウスの家創りは、1件ごとに違います。

さくらハウスの考え
家創りで大切にしていること・・・
家は、買うもの」ではなく自分が暮らすために「創るもの」

お客様の家創りのお手伝いをする事だと考えています。

その為、新築図面の打ち合せはすべて手書きでさせて頂いております。

すべての家創りには、お客様が暮らす為の家なので、間取りから「テーマ」をまず決めて図面を作成いたします。

今回ご紹介のテーマは
   「玄関とインナーテラスが一体になった家」
希望は、
1、土地が約30坪強、車を2台置きたい
2、リビングは2階の日当りの良い所
3、まだ小さいのでですが、将来は子供は2人で独立した部屋がほしい
4、食品庫(パントリー)がほしい
5、インナーテラスがほしい

で完成した間取図が



まずは、外部
外から2階に上がる階段を付けました。
玄関ポーチと階段下は自転車置き場に設定したので、2階床があるので、屋根が出来ました
洗面所を勝手口兼用に設計しています。

内部は2階は
玄関の幅約1200、床から天井までの高さがあり収納量が抜群の下足箱、
そこにインナーテラスをリビングと合わせて使えるレイアウトに、
玄関ホールは、三角形でインナーテラス内にあり、初めて訪れた人には記憶に残ると思います。
キッチンは対面式、ダイニングテーブルとカウンターとの3つを一体感あるレイアウトに
キッチン横は、広さ約3帖の食品庫(パントリー)を・・・
トイレは広さ1.25坪と大きく手洗が別になっています。
1階は、子供さんが小さな間は、約12帖の部屋で家族全員で寝る。
子供が大きくなれば、ご夫婦は、ご夫婦の寝室で、
子供は1人ずつ部屋を使うようになってから、2つの部屋に分けれる設計にしました。

さくらハウスでは、家創りしてもらう時だけではなく、住まわれてからも長いお付き合いをしていきます。
その為に数年先の計画を描いておられるお客様には、必ず将来の間取り変更まで、お聞きしてご提案をさせて頂きます。

こんなオリジナルな家を建築したい方と是非一緒に家創りをしたいと思います。

さくらハウスの新築手書き図面を見たい方は、

さくらハウスのホームぺージ内 こだわり手書き図面集
からご覧ください。

新築 間取りのご相談・お問い合わせは、

TEL  075-366-8998
FAX  075-366-8990
メール  info@sakurahouse-kyoto.jp

スタッフ一同お待ちしています

この記事を書いたプロ

船木芳朗

船木芳朗(ふなきよしあき)

船木芳朗プロのその他のコンテンツ

Share