マイベストプロ京都
坂口俊幸

依頼者の目線にたって問題解決に取り組む法律のプロ

坂口俊幸(さかぐちとしゆき)

坂口俊幸法律事務所

コラム

【経営者は悩み、問題について誰に相談するのでしょうか】

2015年9月1日 公開 / 2018年12月21日更新

テーマ:企業法務

【経営者は悩み、問題について誰に相談するのでしょうか】
私が銀行に勤めていたときの経験から推測するに、会社の社長さんはまずは税理士さん、金融機関の担当者、商工会議所等のかたに相談することが多いように思います。他にもコンサルタント、知り合いの経営者、弁護士、会計士等もあるかもしれません。
でもなかなか解決に繋がるようなアドバイスをもらうのは難しいように思います。
実際のところ、経営の悩みは千差万別でなんでも対応出きる人はいません。
ではどうすればよいのでしょうか。
様々な専門家と繋がりがあり、見識も深く頼りに出来る法律家や会計等の専門家などといつでも相談できるようにしておくことでしょうか。特に大切なことはその専門家が企業経営、事業に深い理解を出来る人かということでしょう。事業のことが理解できているかどうかはお話しをすればすぐ分かると思います。簡単には見つけられませんので日頃から意識して探しておいたほうがよいでしょう。相性の問題もありますし。

事業承継の問題、МandA(事業の売却、統合など)、相続の問題など、事業、法律、会計、税務に幅広い知識、経験を持つ弁護士が関係専門家をコーディネートすることがとても大切です。是非お声をおかけください。

この記事を書いたプロ

坂口俊幸

依頼者の目線にたって問題解決に取り組む法律のプロ

坂口俊幸(坂口俊幸法律事務所)

Share
関連するコラム

坂口俊幸プロのコンテンツ