マイベストプロ京都
田邉朋子

ISOコンサルティングとリスクマネジメントのプロ

田邉朋子(たなべともこ)

株式会社アール・エム・アイ

お電話での
お問い合わせ
075-662-8853

コラム

伝える力・受け取る力

2018年11月29日

テーマ:コミュニケーション

こんにちは。RMI田邉です。

先日、文楽を見に行って思いました
文楽人形は、3人で1体の人形を操っていきます。
リーダーである「主づかい」が「左づかい」「足づかい」に
次のどんな動作をするかのサインをおくることで、人形が歩
いたり、踊ったりの演技をしていきます。

このサインを正確に読み取るために
「足10年、左10年」と言われているそうです。
そしてこの経験がないと「主づかい」になれないのでしょう。

自分の思いを伝えるためには、そしてその思いを受け取るため
には専門の「技術」がいるようです。

また「主づかい」は人形の顔がどの方向を向いているのかを
髪型で判断するそうです。
そのため髪結いさんは、人形を役の髪型に結うだけでなく、
顔の正面がどこなのか「主づかい」が分かるように結わねば
ならないそうです。
ここにも伝える力・受け取る力が必要なようです。

この記事を書いたプロ

田邉朋子

ISOコンサルティングとリスクマネジメントのプロ

田邉朋子(株式会社アール・エム・アイ)

Share
関連するコラム

田邉朋子プロのコンテンツ