まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
  1. 遠い所まで足を運んでくれてました。洋服やさんが生地を担いで自宅に来てくれました。
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

お客様の声詳細

参考になった0

ファッション・アクセサリー

遠い所まで足を運んでくれてました。洋服やさんが生地を担いで自宅に来てくれました。

2012年10月7日

50代/男性

仕事の関係で彦根市に転勤になり、これを機会に実家のある能登川町伊庭に移り住まいすることにしました。
彦根まではJRで新快速で一駅8分です。
車でも会社まで30分ほどで着きます。

日々の生活には不自由はないのですが、スーツを新調しようと彦根市内の洋服の量販店やテーラーで何度か買ったのですが、どうも身体に馴染みません。

少し歳を取った性か、背中が曲がり、お腹も出てきました。
既製品やイージーオーダーの服を着ると、手を前に出すと背中が突っ張るような感じがする。
背中の裾が撥ねる。
おかか周りで合わせると、肩や胸のあたりが余る。

自分の身体にフィットした服が欲しいと、以前京都の住んでいたころにお願いしたことのあるテーラー田中さんに電話をしてみました。

田中さんは「人の体は八つに分けられる。前後ろ、右左り、上下、それに屈伸あるから、それぞれにパーツを合わせて創るのだ」と言っておられたのを思い出しました。

「仮縫いでその差を確認して各々を修正して、洋服を創っています」

だから、何の抵抗もなく着易かったのだと改めて思い起こしました。

田中さんは滋賀県にも多くのお得意さんを持っておられるようで、彦根にも3軒、八日市、近江八幡、
水口、そのほかにも滋賀県を時々周っておられる様子です。

日程を打ち合わせて、能登川町伊庭の我が家に来ていただくことになりました。
前もってお願いしておきました色柄や予算の範囲内の生地を車のトランク一杯持って来られました。

家内と一緒にその中から紺色の杉綾の生地でスーツをお願いすることにしました。
田中さんは改めて採寸され、「それを以前の寸法と確認してから裁断して仮縫いの来ます」と言って帰られました。

自分の身体に合った、着易い服が出来るのが楽しみです。

あなたの評価は? 参考になった

投稿はユーザーが依頼をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share