まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

田中輝彦プロのコラム一覧:オーダースーツのいい話し

 スーツ新調のご注文 先日お客様から110年ぶりにスーツのご注文のお電話をいただきました。「少し、痩せたから新しいスーツを創ってください。そして今着ている服もすこし縮めてください」との事です。早速、着分生地やパンチ見本などを持参しました。その中から、縞の紺色、それも少...

 お客様は神様です。 「お客様は神様です」と言った方がいました。企業、販売や営業に携わっている物にとっては、お客様、ユーザーは神様のような大切で大事な存在です。お客様、ユーザーが居なければ何事(生活)も出来ないのです。神様だからすべて正しいと言って、お客様のそれら...

すっかり秋らしくなり、スーツスタイルやジャケットスタイルが映える季節となりました。 スーツスタイルは男の鎧 昔の武将は大勢の敵を相手に、自分の強さを鼓舞し、相手に恐怖感を抱かせる意味からも、特徴のある目立った鎧姿をしていました。現代では、それがスーツスタイルです。自己...

 紺に始まって紺で終わる ビジネススーツの基本色は紺色から始まると言っても過言ではありません。新社会人が初出社に何を着て行けばよいか迷うところですが、まず紺の無地をお勧めします。黒色のリクルートスーツを脱ぎ捨てて、オシャレを楽しんでください。紺の無地なら、気の張...

私どもでは、年に2回以上シーズン毎に展示会を開催しています。お得意様に案内状を郵送したり、時には直接手渡しさせていただくこともあります。また、シーズン始めには新しい素材や新柄のご案内にお得意様にDMを送ったり、お伺いさせていただいています。父の代よりのお客様で、その息...

 大阪の地下鉄での出来事 先日、大阪へ出掛けたときのことです。心斎橋の大丸に行こうと、地下鉄御堂筋線梅田駅で列車が来るのを待っていました。ラッシュ時は過ぎていましたが、相変わらずかなりの人びとがホームでいました。やがて、列車が轟音を響かせてやってきました。人波が、...

 トレンドのチェック 街を歩いていると、チェック柄がやたら目につきます。テレビの向こうにもタレントがチェック柄のスーツを着こなしている姿を映し出しています。ハリスツイードの大きなチェックのハーフコートこれだけ大きなチェックだと、柄合わせのために要尺は1.5倍を要しました...

 この写真をご覧になった感想は? 蟻に巣ではありませんよ。そう!リクルート。就職活動の集団見合いの様子です。黒服集団。異様な風景ですね。何故?みんな同じような黒い服装をしているのでしょうか?ひとつには、周囲からは浮き上がったように見られない学生側と、同じ...

今の時期、新入学や入社などでスーツを新調されることが多いです。その人のよっての予算の関係で既製品を買われる場合に一言アドバイスを・・・。 上着は肩で着る! ●上着は肩で着ると言われ、まず試着してみて肩周りに少しゆとりがあって、楽に腕が動くものを選んでください。楽だからと...

新年 明けまして おめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。昨年は9月27日の京都新聞朝刊、地域プラス面「成田一徹の技を切り出す」のコーナーに掲載されました。このコーナーは京都で活躍されている職人さんたちを、切り絵作家の成田一徹師自ら取材された記事をコ...

本日京都新聞社文化報道部の方から取材を受けました。毎月第2、4木曜日の朝刊地域プラス面(文化観光面)で掲載されている「成田一徹の技を切り出す」に私の仕事を掲載したいと取材に来られました。作家の成田一徹師と文化報道部部長代理の松田規久子氏が来られ、私の仕事場でオーダースーツ...

  鏡に映った自分に愕然と・・・! 最近、若い頃に買ったスーツやジャケットが窮屈になったような気がしませんか?自慢じゃないが、若い時から身長も体重も変わっていない。しかし、なぜか?窮屈な感じがする。街を歩いている時に何気なくウインドーを見ると、そこに映っている中年の疲れ...

 お客様からのクレーム 1995年頃だったと記憶していますが、丸善大阪心斎橋店でオーダーメイドスーツの展示会を催していた時のことでした。少し大柄の中年の男性が、女子店員を相手にスーツのことで何かクレームのようなことを言っているようでした。女子店員は一生懸命説明をしている...

先に園遊会や叙勲の折に天皇陛下のお姿を拝見してますが、さてそのお召しになっておられる洋服(礼服)は何処のテーラーで扱っておられるのだろうか?東京広尾にある「金洋服店」服部晋氏が創られておられます。氏は1930年生まれの今年82歳で「金洋服店」2代目。「良い服とは、着心地がよく見...

 クールビズのマナー 今年も昨年同様クールビズ対策が5月1日より始まりました。ノーネクタイ、ノージャケットで過ごす男性が増えてきました。ポロシャツやアロハシャツでもオーケーというところもあるようです。しかし、それが許されるのは自分のオフィスの中だけのことではないでしょうか...

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+