マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者、国会議員になる

2019年7月24日

テーマ:障がい者のオーダースーツ創り

令和元年7月21日に参議院選挙が行われ、与党が過半数を確保しました。
その中で、比例代表では政党要件を持たない諸派から計3人が議席を確保されました。
京都新聞掲載 

令和新選組

山本太郎代表率いる「令和新選組」からは2人が当選されました。
比例代表非拘束名簿式の制度を使って、特定枠1位のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の船後靖彦氏と2位で重度障がい者の木村英子氏です。
山本太郎氏のわかりやすい語り口で消費税廃止、既存政党にない公約やネットSNSを駆使した選挙活動をしました。「令和新選組」は山本太郎氏個人票だけでも97万票を上回る得票を獲得し、2人を国会に送り政党要件をクリア、政党交付金も受け取ることができ、今後の活躍を期待するところです。
参議院議会場

ちなみに山本太郎氏は3議席目が得られず落選されました。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)

ALSは全身の筋肉が徐々に衰え動かなくなる難病です。
過去に、徳洲会病院院長で国会議員の「徳田虎雄」氏が在職中に発症、引退されました。
中国の毛沢東もり患したと聞いています。
発症後の立候補は今回が初めてで、世界も注目を集めています。

早速、参議院事務局では、その対策に取り掛かっているようです。ALS患者は呼吸器を装着し、会話もヘルパーを介して瞳孔の動きを読み取って行います。
ほとんど寝た状態ですので、大型で特別仕様の車いすで、どのように議員活動をされるのか気になるところです。

常日頃、弱者の味方、障がい者のためにと言っておられる与野党の国会議員の先生方、実際、目の当たりに重度障がい者と接することになると、どのような対応をさせれるのかも注目しています。
ALS患者のお父様、結婚しました

ALS患者のスーツ

私どもでは、船後靖彦氏と木村英子氏がどのような服装で登院されるかも楽しみにしています。
私どもでは、今まで(今も)ALS患者はじめ多くの障がい者の服創りをしてまいりました。
ALSの患者のほとんどの方は全身の筋肉が硬直して、呼吸器を装着、導尿管、おしめをしておられます。会話も瞳孔の動きを(介助者、ご家族)読み取って意思の疎通を図っています。

ここぞという時(結婚式)などにスーツをご注文をいただいています。
人よっては、関節が若干動く方もあり、そのあたりを考慮して、まず着せやすい服創りをしています。
5感はしっかりしていますので、会話には介助者を通してですが、不自由はありませんので、ご希望もお聞きすることはできます。
納品の時には非常に喜んでいただき、納品後日お写真なども送っていただいております。

最後に、日ごろ弱者のためとか、障がい者のためとか言っておられる国会議員の先生方が、今回重度の障がい者を目の当たりに接するにことに、どのように対応されるのか注目するところです。ご活躍を心からお祈り申し上げます。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(お誂え洋服たなか)

Share
関連するコラム