マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

車いすで成人式を迎える

2019年1月12日 公開 / 2019年1月20日更新

テーマ:障がい者・車いす仕様のスーツ

私どもには、二人の子供がおります。長女が振り袖を着て成人式に出席する姿を見、長男が私が創ったスーツを着て成人式に・・・
その姿を見るにつけ、やっと子育ての責任の半分だけ成し遂げたという思いに耽ったものでした。
ましてや、障がいのあるお子さんを持った親御さんの思いは、一入のものがあるとお察しいたします。
ここには、その晴れ姿の一部をご紹介させていただきます。
成人式
平成31年1月14日、京都市では左京区岡崎の京都市勧業館「みやこめっせ」で約7500人を迎えて、成人式を執り行われます。

K・Yさんの晴れ着

その中のひとりとしてK・Yさんも車いすで参加されます。
生まれながらにして、下半身が不自由ですが、上半身には異常なく現在はコンピューターを扱うお仕事をさせれています。
身体つきは、どちらかというとキッズサイズに近く、一般的なスーツを着ることが出来ません。
そこで、上着はまず、肩幅に合わせ、車いすを手漕ぎし易い様にアームホールを大きく、背幅も広くしました。
スラックスは背中が覗かないように後ろ丈を長く、車いすに座った時靴下が見えないように前裾丈を長くしました。
トイレときもスラックスの前立てをマグネットボタンを取り付け簡単に開け閉めが出来るようにしました。

ちなみに、平成31年の京都市の新成人は約15,000人です。

愛知県のK・Wさんの晴れ着

小学4年生の時、突然の高熱を発症。一時は生命の危機も有りましたが、幸いにして一命を取り戻しましたが、それ以来意識の回復が見られず、眠った状態で平成最後の年31年に成人式の日を迎えます。

お父さまが成人に相応しい濃紺の共縞柄を選ばれました。
寝た状態での採寸、仮縫いです。
着せ易さを重点に、上着の背縫い線、スラックスの脇縫い目線を大きくファスナーで開閉できるようにしました。
W様成人式

大阪府のD・Yさんの晴れ着

ご自分で着脱が出来ないので、着せ易さを重点に、上着の背縫い線、スラックスの脇縫い目背を大きくファスナーで開閉できるようにしました。
車いすに座って移動するときに、前にずり落ちないためのベルトを上着の脇に小窓を開けて締められるようにしました。

京都のH・Iさんの晴れ着のディレクタースーツ

難病の福山形先天性筋ジストロフィに罹患され、20歳の誕生日を迎え、成人式に出席するにつきディレクタースーツを創られました。

東京のA・Eさんの晴れ着

脳性まひのA子さん。成人式の晴れ着にパンツスーツ&共地の替えスカートのご依頼でした。
パンツは車椅子でお出かけの時に・・・
スカートは横座りのときに足元は隠れるようにと、タックフレアにしました。

大阪府の双子のYさんの晴れ着

2卵生双生児の性か性格も顔だちも異なり、お選びになった生地も全く違った色柄でした。
障がいの程度には若干の差はありますが、お二人とも衣服の着脱は一人では出来ませんので、背縫い線へのファスナーでの開閉やボタンもマグネットを取り付け
ました。
その後、姉のJ子さんは韓国語の通訳として、妹のS子さんは大学生です。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(お誂え洋服たなか)

Share
関連するコラム