マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

初めてのフルオーダースーツ

2019年1月6日

テーマ:こだわりのスーツ創り

 はじめまして。京都市内在住の24歳の会社員です。
市内でオーダースーツを作成しようとリサーチしていたところ、貴社のサイトを拝見させて頂きました。

そこでご質問なのですが、こちらのお店では20代の方でもスーツを仕立てているのでしょうか。(最近の実績等があればお伺いしたいです。)

突然のご連絡で御手数をお掛けしますが、よろしくお願いします。

フルオーダースーツの生地選び

早速、私どものスーツ、洋服に対するポリシーやこだわりなどお知らせしました。そしていろいろお話をさせていただきました。

数日後、ご来店になり、スーツを創るのに当たりご希望をお聞きし、そのスーツの着用シーンなどを考えて、濃紺色の無地のスーツを選ばれました。

今どきの量販店のスーツと違い、フルオーダーのスーツは手間仕立て代が掛かる分、どうしても高額になります。従って、それに見合う生地を用意しています。
手に取って、触って見れば一目瞭然。艶のある、目付けもしっかりして、むっくりとした肌触り。大変気に入られました。
スキャーバル社 スーパー120s

スーツへのこだわり

紺スーツシングルブレスト、3P、総裏仕立て、サイドベンツ。上着丈は流行を取り入れ少し短め。
スラックスは2タック、裾はカブラ(マッキン)幅3.5センチ、後ろピスポケットの口は両玉、左のみ雲形の蓋付きにしました。
裾口は20センチに、裾丈は靴下が見えなく、靴に当たらない程度にぎりぎりまで調整しました。
ベストはシングル、5釦、脇ポケット付

その間、襟幅、ゴージ―ライン、ウエストの絞り具合(テーパーライン)やフロントライン、上着丈やスラックスのカブラ幅たヒップラインなど細部に亘って、こだわっていただき、仮縫いも2回行いました。

裏地も、何処で脱いでも恥ずかしくない濃紺の地紋入りキュプラ、ボタンはこだわりの黒水牛。
ご覧のようなフルオーダーならではのこだわりの素晴らしいスーツが出来上がりました。

ちなみに、ちょうど同じ頃、この春大学を卒業される方のスーツも製作中でした。この事は後述。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(お誂え洋服たなか)

Share
関連するコラム