まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

和装の防寒着 ヤマトコート(角袖)

角袖(ヤマトコート)はテーラーが創ります

「角袖(大和コート)」は和裁でなく、すべて洋服屋さんが縫製いたします澤田氏ヤマトコート
明治以降に羅紗(ウール)を扱っていたテーラーが、洋装のコート(ステンカラーコート)の身頃に、着物の四角い袖をつけて制作した。着物の上から着られる、和洋折衷の外套が角袖(大和コート)の由来ではないかと言われています。

主に、お大尽と呼ばれる人々が着ていたインベネス(トンビ・二重回し)と並んで角袖は、広く商人などの一般市民に親しまれていた男物の和装外套です。
鳥打帽子(ハンチング)に角袖姿は、その頃の画像などで見られ、商家の手代や行商人たちのファッションだったようです。

明治の頃、私服の刑事巡査が和服で犯罪捜査をいたようです。
その防寒着として「角袖を」愛用していたことから、「カクソデ」をひっくり返し短くで『デカ』と呼ばれるようになったとか・・・

角袖(ヤマトコート)は着物姿の定番の防寒着

最近、街で着物を着た男性よく見かけます。ヤマトコート
素材としては、ウールや軽くてソフトな肌触りのジャケット用カシミヤ又はシルクなどマテリアルも豊富です。

(写真は)ラムウールツイード へリーンボーン(杉綾)
フロントはぶち抜き釦
襟はノッチラベル
ラグラン袖のお洒落なヤマトコートです。

通常は7分丈に仕上げ、脇ポケットは箱型を付けます。
袖型もオーソドックスな四角い着物袖のほか、着易いラグラン袖も・・・
衿型はステンカラーが一般的ですが、ショールカラーもお好みに合わせて承ります。

某総本山住職門主様大和コート和尚様 
法衣・衲の上に羽織られる時は裾丈を長く仕上げます。
ポケットも目立たないように袖付けラインに付けることもあります。

因みに、男性用の四角い袖「大和コート」に対して、女性の袂袖(たもとそで)のコートを「吾妻コート」と呼ばれています。

着物や法衣(衲)の上に着る、今トレンディーな男物コートはいかがですか。
ヤマトコートでオシャレに京の街を歩きませんか!

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+