まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

贅沢な2着分使用のオリジナルジャケット

オーダーならではのオンリーワンジャケット

2018年10月10日 / 2018年10月11日更新

国内有数の洋服生地製造メーカーの御幸毛織が織りなす最高級ブランド

御幸毛織 ナポレナ

憧れ、追い求めるもの、あくなき品質の追求。最上の風合いを実現するため、ミリ単位の仕事にこだわる。ナポレナのモノ創りは、ミユキのモノ創り。変わらぬ姿勢、変わらぬ探究心、変わらぬ哲学。

ナポレナは、ミユキの根底に流れる哲学「ウールはゆっくり、ゆっくりつくれ。」に基づき生産される、ミユキの最高峰ブランドです。厳選された確かで上質な原料は低速織機ションヘルで繊細な素材に負担をかけぬようゆっくりと織り上げられ、天然石けんと鈴鹿山系の豊かな水でしっとりと洗い、素材本来の風合いを引き出す伝統の仕上げ技術。触れれば違いが判っていただけます。これこそがミユキの誇るトップクオリティです。(御幸毛織ホームページ紹介文より)

色違いの2色使い

ナポレナのシルクモールの生地
パイル織物の一種でボリューム感があるにも拘らず、シルクの軽さ、肌触りの滑らかな最高級の生地です。
チャコールグレーとナチュラルグレーの2色の生地を使って、パッチワーク的な組み合わせで、1着のジャケットと共地のベストを仕上げました。
シルク特有の暖かさ、軽さ、肌触りはカシミヤとは違った趣きがあります。
 
フロントはバストラインを境に上を濃い色に、下方を薄色にポケット部分はアクセントとして反対色にしました。
袖も、山袖と下袖をも変化をと考えましたが、あまりにも業とらしいので薄色1色にしました。
結果的には落ち着いた雰囲気の袖になりました。
ベストには濃い色を使い、ポケットにアクセントを付けました。
全体的にも上品さを残したジャケットです。

背中部分は肩ヨークと背バンドを切り替えました。

コーディネート

ベストを着る場合のインナーシャツには、黒又はワインカラーのスポーツシャツ。
薄グレーのシャツに黄色系統の色を配色したネクタイ・・・
ベストを付けない時は、カシミヤの黒色のタートルネックのセーターなど
色いろな組み合わせが楽しめます。

高価なジャケット

御幸毛織の最高級ブランドナポレナのジャケット地2着分で1着のジャケット、ベストを創ることは、フルオーダーならではの[[こだわり、オンリーワン、オリジナル のジャケット&スーツhttp://www.oatsuraetanaka.com/yume-operation.html]]です。
贅沢極りない究極のオシャレです。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+