まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

車いすでも自分で簡単に着られる女性用ビジネススーツ


仕事で着用するビジネススーツがですが、既製品は車いすユーザーにとって決して着心地の良いものではありません。

お客様と相談を重ねながら創り上げていくオーダースーツでは、職人の技で優雅なシルエットを生み出します。車いすの操作も妨げない仕様です。

女性の車椅子用のビジネススーツをお探しですか? 

仕事をする上で必要となるのがスーツです。女性は、男性よりは服装の選択肢が広くはなっていますが、何着かはきちんとしたものを持たなくてはなりません。就職活動をするためには、ビジネススーツが必要です。
最近では女性の管理職も多くなり、立場上、服装も気になるところです。

スーツは普段着る洋服とは異なり、身体のラインに沿った形状をしています。そのため、車いすに座った状態で既製品を着ると、見栄えと着心地の点で不具合が生じてしまうのです。

既製品は、立った状態を基準として創られていますので、座った状態が常である車椅子ユーザーが着ると違和感が生まれてしまうのです。概して、上着では胸元が開きすぎVゾーンが浮き上がってしまい、首のうしろが着物を着た時のような抜き襟になります。

オーダースーツであれば、採寸から違います。
まず、寝た状態と座った状態それぞれで採寸をします。ライフスタイルと行動範囲をお聞きした上で、それに見合った製図を行います。その後の仮縫いでは仮組したスーツを実際に着用いただきます。着用感や行動パターン、そして見た目の要望などを反映するために、さらに調整を重ねます。



車椅子でパンツスーツを選ぶなら

スーツの上着に合わせるのは、女性の場合スカートかパンツになります。
フレアースカートやキュロットなどは動きやすいと選ばれています。パンツの場合ではどんな場面でも合わせやすいストレートが好まれています。履き易く、すっきりとしたラインが人気の要因です。

既製品のパンツの場合、座ったときのウエストのサイズが合わず、仕方なくぶかぶかの大きいものを選ぶ人が少なくありません。たとえウエストが総ゴムになっていても、車いすに座っているうちに下がって背中が見えてしまいます。裾もずり上がって、丈が短くなることもあります。

こうした問題点も、後ろ丈を長くヒップ周りにゆとりを採るなどのデザインや製法に改良を加えることによって解消できるのです。座位で安定した姿勢を保ちながらも、優雅なシルエットを再現できるのは、お客様と相談を重ねながら創り上げていく職人の技だからこそ。

上着でも背中の窮屈さや胸元の浮き、腕のきつさを解消します。車いすを動かすことを前提として創るので、操作性も妨げません。

車いすでオシャレをして自分を主張しましょう。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share