まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

結婚式やパーティーのお呼ばれ用に!車いす仕様のフォーマルスーツ



結婚式やパーティーといったハレの場にはフォーマルスーツが欠かせません。立ち位が基本のスーツでは、車いすユーザーが着ると見た目も着心地も満足できません。
オーダースーツならば、座り姿勢が美しく着心地が良いものをお創りします。

車椅子ユーザーのフォーマルスーツ選び 

親族の結婚式や華やかなパーティーなどの場には、フォーマル着用がマナーです。
とはいえ、車いすユーザーが着用して納得できるフォーマルスーツはなかなか見つからないものです。

レンタルの衣装はもちろん既製品はすべて、立ち姿の美しさを基準として作られています。座った姿勢がベースとなる車いすの方が着用すると、どうしても不要なシワやたるみが生じてしまいます。

立っているときは良く見えても、座ってしまうと上着の前裾が長すぎ、ズボンの前側(前立て)の布がふくらんでしまうのです。

こうなると、美しくないだけでなく着心地も満足できるものではありません。いすに擦れてしまったり、車いすの操作を妨げたりすることもあります。
フルオーダーであれば、だぶつきがちなVゾーンのたるみや裾の部分のもたつき、座った状態でのヒップのゆとりを計算に入れてお創りしています。形状を座位に合わせることで、機能性も上がります。

車いす仕様のパンツスーツには工夫が必要

車いすユーザーが着ることを前提としたスーツは、シルエットが美しいだけにはとどまりません。随所に、着せ易く、着やすく、車椅子を操作しやすくするための工夫が凝らされています。

手指が不自由であればフロントボタンにマグネットを施します。腕の操作を妨げないように肩幅やアームホールも調整します。着脱もネックとなる問題ですが、お客様の状態に応じてふさわしい仕様をご提案しています。

上着であればアームホールを大きく背中が広くファスナーで開くようにしたり、袖口が開けられるようにしマグネットを取り付けたりすることもあります。
スラックスは脇にファスナーを付けることで全開でき、穿かせ易くしています。


小物も統一しておしゃれに


せっかくフォーマルスーツを誂えて素敵に装うのですから、細部にまでこだわりましょう。

導尿を行っている人ならば、カバーなどもおしゃれに揃えませんか。
残りの共布を使ってレッグバックの収納袋や導尿シリコンチューブのカバーなど一式を収納する専用の袋もお創りできます。スーツと同じ素材の布を使うことで統一感が演出され、チューブが浮くこともなく自然な雰囲気でなじみます。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share