まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

スーツを買う前に知っておきたい、正しいスーツの選び方と注意点


予算の都合で既製品を買うのなら、可能な限り自分の体形に近いものを探しましょう。スーツ選びには必ず押さえておきたいポイントがあります。
上着なら肩、ズボンならヒップで合わせること。試着を繰り返し、一番しっくりくるものにしましょう。

ジャケットは肩で着る!

既製品を選ぶ際には、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
まず大前提として面倒がらずに試着を何着かすること。その際には普段着ている仕事用のシャツを着て行きましょう。

体形に合うものを見繕い試着したときに、まずチェックするのは肩回りです。フィットしつつも、わずかにゆとりがあり、腕の動きを妨げないものを選びましょう。肩幅が身体に添っていると、シワも無くきれいなシルエットが見られます。

胸まわりを基準にすると、往々にして肩が合わなくなります。袖がきれいに落ちずに不自然なシワも生じます。背中や脇に突っ張りやたるみジワができれば、着心地にも響きます。
最近では一部のメーカーでは肩幅の表示している物ありますが、まだ多くのメーカーの商品は胴まわり(胸まわり)と着丈をサイズだけを表示しているようです。

肩幅は修正できません。
胸まわりやお腹まわりは、若干であればサイズ調整が可能です。上着は肩回りを重視してください。
それでもしっくりしない時は、オーダーも一考です。

ズボン選びはヒップが要

ズボンでは、ウエスト寸法と連動してヒップサイズが割り出されて創られているために、ヒップが無理なくしっくりと納まるものに合わせてください。
腰からヒップにかけてのラインが自然にフィットしていれば、すっきりとして足も長く見えます。腰回りで合わせると、ヒップの下にたるみができたり、ダブついていると、だらしない印象を与えてしまいます。それとは逆にヒップが大きいときは股に食い込んでヒップ丸出し状態になり見にくいものです。

腰まわりは、通常3~5センチのサイズ調整ができるように創られていますの、まずヒップがすっきりした物を選んでください。
さらに、太ももまわり、足首に向かってのシルエットも確認しましょう。丈のバランスも忘れずに。有料ですが、太もも(わたり幅)を細くすることは若干の調整が可能です。

股上寸法も気になるところです。換骨(腰骨)上のくぼんだ所が標準ウエストラインです。その位置にベルトを締めて、股がすっきり納まって、ヒップが合えばほぼ完ぺきなスラックススタイルです。
股上が長いと、股の下がダブつきだらしなく。短いとポッコリお腹が目立ちますよ。

股下も「長すぎず、短かすぎず」がいいでしょう。裾は靴の甲に少々かかり、裾前にわずかにくぼみができるくらいが目安です。後ろは靴のかかとにかぶり、床から1センチ上くらいがバランスよく見えます。

年齢で変わるスーツ選びのポイント


今、若者の間で流行の着丈の短い上着、パツパツのズボンスタイルはお勧めしません。
スーツは相手に対する敬意を服装で表すものです。それだけに、仕事でも中堅となってくる30代くらいからは、相手に信頼感を与える質の良いものを身に付けて、ワンランク上の男を目指しましょう。

40代以降は、若者向けのスーツでは安っぽく見られてしまいます。既製品であってもオーダースーツでも、しっかりと相談し自分に似合うものを見極めましょう。



50代、60代ともなれば体型も変わってきます。
社会的立場も上がる頃ですので、周囲からどう見られるかを考えに入れスーツ選びをしましょう。上質を知るような年の重ね方をしていれば、フルオーダースーツの良さもご存知でしょう。動きやすく自分の立場に合ったスーツを選んで自分を主張してください。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+