まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

既製品の高級スーツとフルハンドメイドオーダー、どっちがいいの?自分に合った正しいスーツ選び


良いものは価格に比例します。既製品のアパレルブランドのスーツも高級なものが出ていますが、あなたのサイズに合わせて作られてはいません。

フルハンドメイドは型紙からおこします。さらに仮縫いで体型の個性を拾い上げることで、イメージ通りに仕上げます。



既製品の高級スーツの価格帯や特徴

スーツの値段はピンキリです。
企業努力で値段の割にはそこそこのものも出回るようになりましたが、やはり良いものは価格に比例します。

できる男のこだわりを主張するのが高級スーツです。百貨店ブランドのスーツでも、ここにきて上質な生地を採用しています。価格帯も8万円前後が一般的でしたが、14~16万円の価格帯の商品も並ぶようになりました。

アパレルメーカーが売り出しているスーツには、メーカー独自のスタイルや美意識が投影されています。自分が共感しているブランドがあれば、そのなかで一番自分のサイズに近いものを選んでも良いでしょう。

オーダースーツの価格帯や特徴

オーダーメイドと一口に言っても、それが示している製法は必ずしも同じではありません。用語はさまざまですが、その本質からすると「フルオーダー」「イージーオーダー」「パターンオーダー」の3種類です。

工程の丁寧さや価格が異なるのですが、もちろん頂点に立つのはスーツ作りの原点でもあるフルオーダーです。

個人の体形に合わせてゼロから仕立てるだけあって、一つひとつのパーツを型紙からオリジナルで作成していきます。
さらにポイントとなるのは仮縫いです。仮縫いを行うことで初めて、実際のお客さまの身体の個性に合わせることができるのです。

イージーオーダーは生地選びや採寸こそ行いますが、あくまで工場仕様にそったものです。実際の仕立てはマシンメイドのため、フルオーダーよりも早く安価で仕上がります。

パターンオーダーともなると、既製品のスーツで自分に近いサイズのお直しです。それも、着丈や袖丈といったごく一部しか調整できません。しかしその分、価格は抑えられています。

ハンドメイドの特徴・納品までの流れ

人間の体は、誰しも完全に左右対称にはなっていません。

どんなに高級な有名ブランドのスーツでも、あなたの身体に合わせたものではありません。また、安価なイージーオーダーでこだわると、オプションが付いて却って高くつきます。

すべてがあなたのために仕立てられるのがフルオーダースーツです。身体にそった着心地の良いスーツは長く着ることができ、長い目で見れば決して高い買い物ではありません。

採寸は20か所以上を細かく測ります。
その人ひとりのための、製図、設計図を創り、生地を裁断します。
フルオーダーならではの、各パーツを仮組した「仮縫い」と言う工程を行い、それに基づいて左右のバランス、歪み、捻じれを鑑みてマニプレーションを施して補正を行います。

そして、いよいよ、本縫いです。熟練の職人がその人の身体に添うように、コテ(アイロン)操作を駆使し服創りをしていきます。

身体に合った服は長く着られます。自分の個性を大いに主張してください。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+