まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

超特急のお仕立!本人使用のモーニング

車椅子ユーザーのフォーマルウエア

2017年2月11日 / 2018年5月17日更新

娘の結婚式にぜひモーニングを着たい!

超特急のお仕立!礼服を・・・


昨年の8月8日のことでした。 
お客様 「娘が結婚するので、車いす仕様のモーニングを創ってください」とのご依頼を受けました。
「お式はいつごろですか?」

お客様 「来月(9月)早々の佳き日」との事です。
「えっ・・・・・!」ひと月も無いではないか?

お客様「期間が無いかもしれないが、何んとか創ってくれませんか?ぜひ娘の結婚式にモーニングを着たいのです」

一般的なスーツの場合でもひと月以上2か月程度の期間を要するのですが、とにかく時間がありませんので、お身体を拝見してからと言う事で、偶々予定が入っていなかったあくる日(9日)にお伺いすることにしました。
奈良県の中北部です。高速道路経由で約1時間40~50分。

車いす仕様のディレクタースーツ

たびたび、コラムでも言っていますように、車いすに座った状態ではモーニングコートの裾部分のコロモと短冊は椅子に部分の尻の下に入ってしまい、却って邪魔な存在になります。
そこで、ディレクタースーツをお勧めしています。
この度も、車いす仕様のディレクタースーツを創りました。

事故で頸椎を損傷されたようです。

上半身は比較的軽く、と言っても腕の上げ下ろしが不自由で着脱には背縫い線をファスナーで開閉。アームホールも大きくしました。
白のワイシャツも背中を切り開きマジックテープを取り付け、大きく開けられるようにしました。

ベストもアームホールを大きく開けました。
コールズボンは前ファスナーの開閉で穿けるようでしたので、ファスナー位置を少し下から開閉できるようにしました。
体つきは全体的に左右のブレも少なく、終日座った状態ですので、当然のように下腹が大きくその部分を考慮しましたが
幸い、大きなマニプレーションを施さなく、仮縫いも1回で済ますことができましたので、8月末には納まることが出来ました。

後日、奥様からお便りをいただきました。

その節は良いモーニングを創っていただきありがとうございました
仕立ての良さはもちろんの事ながら、本人使用の出来映えに皆が感心、驚きの連発でした。
本当のありがとうございました。写真を同封させていただききます。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+