まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

男のオシャレな和装コート、ヤマトコートで京の街を歩こう!

流行りのコートとレトロなコート

2017年1月14日 / 2018年11月29日更新


ヤマトコート(角袖)は洋服屋さんが縫います。

明治以降に洋装コート(ステンカラーコート)の見頃に、着物の四角い袖をつけて制作したのが角袖(大和コート)の由来ではないかと言われています。
洋服の手法を取り入れ、肩下がりを付けて肩幅を詰め、袖付けを前面に繰り込んだ角袖や洋服のコートのようなラグラン袖も好みに合わせます。
基本的には、上の写真のように角袖、ステンカラー、比翼仕立てです。



ノッチラベルでラグラン袖。フロントはぶち抜き釦。


ステンカラー、角袖、ぶち抜き釦、ポケットにアクセント的にアウトポケットに蓋付き

通常は着物丈の7分ですが、法衣・衲の上に羽織る時は裾丈を長く仕上げます。
ポケットは目立たないように袖付けのラインにも付けられます。

衿型はステンカラーが一般的ですが、ノッチラペルやショールカラー
素材は面積が大きいので、出来るだけ軽い生地がおすすまです。カシミヤ、シルクなど。



著名な邦楽演奏家です。
オールシルクの基本的なステンカラー、、比翼仕立てヤマトコート

底冷えのする京の街を、ヤマトコートを羽織って颯爽とオシャレを楽しんでください。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+