まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

コラムをテーマーごとに纏めました。

コラムのテーマーについて

2016年9月6日 / 2017年6月11日更新

似顔絵
お蔭様で私が書いたコラム数も130を越えました。
フルオーダーに拘って、主にメンズのオーダースーツやジャケット、コートを創ってきました。
ひと口に洋服と言っても、製造過程や生地のこと、メーカーのこと、コーディネート、ドレスコードなど関連したテーマーがいろいろあります。
その、テーマーごとに纏めましたので、関心があるところからお読みください。

オーダースーツのいい話し

フルオーダーならではの仮縫いによって、体型補整で肥満体や痩伸体を身体にフィットできることや注文から完成までを詳しく解説しています。

オーダースーツの裏話し

スーツを創る(仕立てる)上で様々な部品や小物が使用されます。
それぞれの役目をを解説しています。

フォーマルウエアのドレスコード

フォーマルのシーンこそドレスコードが確立させているところはありません。
フォーマルスーツと言っても何があるのだろう?
結婚式にはどのような服装で行けばよいか?
叙勲には・・・?
急な葬式、お通夜には何を着て行けばよいのか?
冠婚葬祭の場で、恥をかかないためにもぜひお読みください。

障がい者のオーダースーツ創り

身体に障がいがあり、車いすを使用されている方々は一般的なスーツを着ることが困難です。
一部の方を除き、ほとんどの障がいの方は手(腕)にも何らかな障害があり、洋服(衣類)の着脱に苦労をされています。
身体のサイズは9号ぐらいでも13~15号サイズの既製品を買わなければ、手を通すことが出来ません。
スラックスも座ると前丈(フロント部分)が余り、後ろ丈が短く背中が覗いてしまう。
その方の障がいの程度に合わせて、一緒に相談しながら、出来るだけ身体にフィットしたスーツを創りました。
着せ易い、着易い服創りをし

車椅子ユーザーのフォーマルウエア

息子さんやお嬢さんの結婚式。親として人生で一番責任を果たしたことの証です。
その結婚式に障害があるために、息子や娘の晴れ姿を見て彼らの新し門出を祝ってやりたいと思いから、車いすでも着られる礼服を創られました。
一生懸命リハビリに励んで、バージンロードを一生に歩かれた戸田様。
ALS筋委縮症で四肢がほとんど動かないH様。身体は動かないが思いは計り知れないものがあると思います。
本来新郎新婦の父親は、モーニングことを着用しますが、車いすのの場合モーニングのコロモの部分が見えないよ言うか邪魔になります。
その点、ディレクタースーツはモーニングに次ぐ正礼服です。
黒のジャケット(上着丈を車椅子に合わせて短くします)ホワイトベストそして縞のコールズボン。
正に最高の父親として威厳に満ちた礼服です。
喜びのお姿やお便りをいただいています。

洋服のお手入れについて
箒ブラシとマジックブラシ
スーツやジャケット、コートの洋服や衣類は手入れ次第で10年以上も着ることが出来ます。
帰宅したら、まずブラッシング。
ドライクリーニングはやたら出さない。
畳み方ひとつでシワは少なく。
カシミヤの手入れなど良いものほど大事に着てください。

生地のこと、ブランドのことテキスタル ガイド
生地ブランドマーク
洋服の生地はイギリスやイタリーの生地が多いです。
生地メーカーも多く、それぞれ特徴ある生地を発表しています。

深ーい生地の話
ビンテージクロス
スーパー100とか120とか最近は高速織機の発達進歩によって細い糸が織れるようになりました。
メーカーによってはスーパー240’Sを織っているとか・・・
細くてしなやかな絹のような肌触りは素晴らしい事だと思います。
細いからと言ってすべて良しではないと思いますよ。

流行りのコートとレトロなコート

今はやりのPコートからレトロなトンビコートまで様々なことを紹介しています。
トンビコートのオーダーはほとんど創られていないようです。
角袖(ヤマトコート)は洋服屋さんが創るって知っていましたか?

オリジナルなジャケットのオーダー

着物地を使ったジャケットや西陣織のオールシルクのジャケットなどフルオーだならではの素材やデザインを紹介しています。

スラックス・ズボン・パンツどれが本当!
ベスト(チョッキ)について

スーツスタイルで以外に目立つのがスラックスであり、ベストです。
まだまだ、続きがありますので、楽しみにしてください。

クールビズの服装にひと言

東京都知事になられた「小池百合子氏」が小泉純一郎内閣の、環境省大臣の時に日本の酷暑の夏の間服装を簡素化して涼しく夏を過ごそうと提案され、実施されました。
それ以来、ネクタイが外されたスタイルが一般化しました。
その中でのオシャレを楽しんで頂きたく話題を集めました。

蘇る、フルオーダーのリメイク・リフォーム
上衣のリフォーム
人の身体は年と共に体型が変わってきます。
お気に入りのスーツやジャケットなどは直してでも着たいものです。
フルオーダーの服は基本的に体重が5キロ程度増減しても修正できるように創られています。
また、着物からもスーツやジャケット、ワンピースなどにもリメイクできます。
フルオーダーの職人さんの為せる技です。

展示会のご案内

私どもでは季節の移り変わりに際して、1年に2~3回展示会を催しております。
その都度、お客様に喜んでいただきたく、いろいろなイベントや記念品などを考えて企画運営をしています。
特に新規の方や今までと違ったものをお考えの方は是非ご来場ください。

今、話題のビスポーク ニュース
今、巷で話題なっている事柄やファッションに関したニュースなどを私なりにお話しさせて頂いています。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+