まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

クールビズに最適な麻を着よう・・・

クールビズの服装にひと言

2016年6月5日 / 2018年9月22日更新

日本特有の蒸し暑い夏、酷暑の夏。薄着、ラフな服装で涼しく過ごそうとクールビズが実行されています。
オシャレにクールビズをしたいものです。

クールビズ必須アイテム、麻

リネン、麻は通気性がよく、水分(汗など)の吸湿や発散性が優れているため、洗濯しても乾きが早い。
さらっとしたシャリ感が清涼感を際立たせてます。
水に濡れると強くなり、洗うたびに繊維がしっとりと柔らかくなり肌触りも良くなります。
しかし、シワになりやすく、摩擦で毛羽立ちやすく、保湿に乏しく、濃い色は日焼けに弱い事です。

リネンは、人類最古の繊維素材で、ピラミッドの発掘されたミイラが羽織っていました。
繊維の中に含まれる空気が多く、冬でも暖かく、江戸時代の庶民の着物としてに着られていました。
清涼感と天然繊維のため、カジュアルなイメージがありますが、本来は公式にも用いられ、白や生成りの3Pスーツは夏の正装でした。
1960年代頃までは、リネンスーツの紳士を街でよく見かけたものです。


リネン(亜麻)とラミー(苧麻)

麻の種類は多く存在しますが、衣服用には亜麻(リネン)と苧麻(ラミー)があります。
どちらも張りと腰があり肌にべとつかず、シャリ感があり涼感に優れています。

苧麻(ちょ痲)はわが国では「からむし」と呼ばれています。
絹麻と言われるように色は白く上品な光沢があります。
強度は天然繊維の中で最も強く、清涼感は最も優れています。
繊維は太く長い。

亜麻(リネン)繊維は短く細い。
風合いは綿に近くしなやかです。色はリネン特有の黄味がかった、俗にいう生成り色です。
盛夏用のスーツとして多く利用されています。

小千谷縮のジャケット


クールビズ。最適最高のアイテム。
新潟県小千谷地方で苧麻を使用して、以前から織られていた越後上布を改良して生産された織物です。
撚りが強い糸で織った布を雪で晒すことで、撚りが水分を含んでほどけ布に「しぼ」が出来るのを利用した織物です。
夏用のさらっとした肌触りの着物として多くの人々に愛用されています。
小千谷、横井様
小千谷縮でロングジャケットを創りました
この、小千谷縮の着物地の反物で夏用のジャケットを創ります。
縮ですから、シワは気にしない。
丈夫で、軽く。さらっとした肌触り。夏らしく清涼感溢れたクールビズ最適なジャケットです。

夏の最適なアイテムいろいろと取り揃えています

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+