まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

勲5等瑞宝双光章の授章には何を着て行けばよいのか?

フォーマルウエアのドレスコード

2015年9月23日 / 2017年6月8日更新

勲5等瑞宝双光章


「田中さん、えらいこっちゃ!(家内が叙勲されることになり、夫婦揃って宮内庁までお越しください。)と、言うてきたよ。私は何を着て行ったら良いのか教えてくれ。」と、お客様からお電話を頂きました。
お客様の奥さまは「勲5等瑞宝双光章」を叙勲されるとのことです。
永年に亘って、家庭裁判所の調停委員をされておられましたので、その功に報いるための叙勲です。

総理府告示の勲章等着用規定

早速、書架にある「総理府告示の勲章等着用規定」を調べたところでは、男性はモーニングコート。女性はロープモンタントまたは白襟紋付(色留袖)
※黒留袖は着てはいけません。宮中では黒は忌み嫌います。

奥様は白襟紋付(色留袖)の着物姿でお出でになられるますので、規定どおりです。
ご一緒に同伴されるご主人(お客様)には、お手持ちのモーニングコートでホワイトベストを着用していただきたいとお伝えいたしました。

ちなみに、勲1等以上は燕尾服着用と指定されています。

伝達式は所定の場所で、所管大臣または知事から伝達され、中授章以下は後日共同で、勲章を着用し配偶者同伴で天皇陛下に拝謁します。

このように、冠婚葬祭のそれぞれのシーンによって、決められていることもありますので、最低限度のマナーは心得ていただきたいと思います。

日本の勲章、褒章の種類と着用規定

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share