まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

副校長先生と教頭先生の式典の服装

フォーマルウエアのドレスコード

2015年1月25日 / 2015年2月4日更新

超多忙の教頭先生

昨今、少年少女、中高生の非行、暴力、はては殺人やいじめなどの報道でその矢面に立たされてインタービューなどを受けている教頭先生。

毎朝校門に立って、登校してくる生徒にやさしく声を掛け、見守っている教頭先生。

朝早くから、登校して、夜暗くなってから校門を締めて帰る教頭先生。

かなりの多忙で重労働です。

教頭先生とは!

文部科学省によると、「教頭は校長、副校長を助け、校務を整理し、必要に応じて生徒たちの教育、授業も行う管理職の学校職員」となっています。
しかし、校長の代わりに校務の決済は出来ないのです。

クレーム処理から校庭の草むしりまで、学校のなんでもや屋の厳しいお仕事の教頭先生も、京都市の場合44歳以上で3年以上すると校長試験が受けられます(地方によって差があります)

そのためにも、常日頃毅然とした態度が求められるだろうと思います。
服装にしても、特に式典などでは、校長に次ぐフォーマルスタイルをすることによって、一層教頭としての立ち位置が強調されます。

お勧めのディレクタースーツ

ディレクタースーツ
ディレクタースーツはモーニングに次ぐフォーマルウエアーです。
上着は黒または限りなく黒に近い濃紺でシングルピークラベルorダブルブレスト。
ベストはオフホワイトまたは白襟付の上着と共地。
ズボン(スラックス)はモーニングと同じ縞のコールズボン。
が、基本スタイルです。

校長先生の必須アイテムのモーニングコート

モーニングコート
数ある学校行事の中でも、一番大きな行事が、入学式であり、卒業式です。
その式では、ほとんど校長先生はモーニングコートを着用されます。

この式で、教頭先生にぜひ着ていただきたいのが、ディレクタースーツです。
将来的に、校長先生を目指いておられる教頭先生。
校長先生の式典の服装を解説しています。

着回しのできる、ベストとコールズボン

コールズボン

教頭先生の時に創っておいたディレクタースーツのコールズボン。
オフホワイトのベスト。

校長先生に栄進された時は上着だけ又は上着と共地の白襟付のベストを、追加するだけで良いと思います。

校長先生を目指されておられる、教頭先生にぜひディレクタースーツをお勧めいたします。
イージーオーダーもご相談させていただきます。
ディレクタースーツの解説を詳しく解説しています。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+