まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

角袖でオシャレに歩こう

流行りのコートとレトロなコート

2015年1月15日 / 2016年9月4日更新

角袖(大和コート)で暖かく


京の街を着物姿で歩く若者が増えています。
しかし、底冷えのする京都の冬は羽織を着るだけでは寒すぎます。

そこで、お勧めが「角袖またの名を大和コート」です。

明治以降に洋装コート(ステンカラーコート)の見頃に、着物の四角い袖をつけて制作したのが角袖(大和コート)の由来ではないかと言われています。

★基本系の襟はステンカラー、丈は7分丈に仕上げ、フロントは比翼仕立、脇ポケットは箱型です。

★ラグラン袖やショールカラー、ノッチラベル、ぶち抜きボタン、フラップ付ポケットなどオシャレを楽しんでください。

洋服やさんが仕立てる大和コート

角袖「大和コートは和裁でなく、洋服屋さんが縫製します。

因みに、男性用の四角い袖「大和コート」に対して、女性の袂袖(たもとそで)のコートを「吾妻コート」と呼ばれています。

※「デカ」明治ごろの私服警官(刑事)が愛用していたことから 「か く そ で」をひっくり返して「デカ」と言う説も有るそうです。


大和コート1.jpg 某総本山住職門主様             
 (絹100%生地使用)

★法衣・衲の上に羽織られる時は裾丈を長く仕上げます。
 ポケットも目立たないように袖付けラインに付けることもあります。

素材もいろいろ

★素材としては、スーツ地ウールや軽くてソフトな肌触りのジャケット用カシミヤ又はシルクなどマテリアルも豊富です

                         
ラムウールツイード へリーンボーン(杉綾)

フロントはぶち抜き釦

襟はノッチラベル

ラグラン袖のお洒落なヤマトコート



レトロなお洒落コートはこちらにも紹介しています。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+