まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

川村義肢でキッズカーニバル開催されました。

障がい者のオーダースーツ創り

2012年12月9日 / 2014年7月3日更新


2012・12.9
大阪府大東市の川村義肢本社ショールームでキッズカーニバルが開催されました。

今回が初めてのお子さんを対象に楽しいイベントです。
イベント会場ではゲームやストロベリーと言う女の子2人のユニットコンサート、車いすを楽しくデコレーションしたり乳幼児から中学生ぐらいの子供たちが楽しんでいました。

そのプログラムの中には、
住宅改修の安心のテーマーとして、ただバリアフリーとだけ謳っても、その当事者のためになっているのか?
お風呂の改修でもドアを引き戸にするだけでよいのか?その取っ手のために廊下、通路が車いすが通れなくなることもある。
そのようにケースベースに合った方法を考えなければならないと社員の講演がありました。

車椅子の点検の方法。
細かくスライドで素人でも扱えるように解説もしていました。

展示機器の発表、試乗会。
新しい装具、機器、車いすの発表、販売、試乗会。


とにかく、車いすがこれほど種類があるのか言うほど数多くのいろいろな機能、障がいに対応した機種があることに驚かされました。

中でも、私的に驚いたのは、車いすを乗せて階段を上り降りできる機器でした。
台車の上に車椅子を乗ったまま上り(乗る)その台車が階段を尺取虫のように車輪を前後して昇り降りするのです。(スカラモービルと言うそうです)
上に乗っているくま椅子ユーザーの姿勢は変わらないままでした。
驚きです。



そのプログラムの中には車椅子のファッションショーでもあり、
私どもにご注文いただいた車いす対応のスーツを自らそれを着て会場を周っていただきました。
大勢の方から拍手喝采でした。


そして、私がその車椅子対応のスーツの細部についての工夫を説明しました。
そのあと、それに対しての質疑応答などさせていただきました。。

世の中に大勢の身体にハンディーを持っている方が居られますが、今日お会いしたお子様、ご家族の方々が前向きに考えれておられるのを目の当たりにして、返って勇気をいただいた思いがしました。

来年も開催されるようならぜひ参加させていただきたいと思っています。
担当の住宅改修課の林様ありがとうございました。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+