マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ) / ファッションアドバイザー

お誂え洋服たなか

コラム

叙勲、褒章を受章されたら・・・何を着て行けばよいのだろう?

2013年10月15日 公開 / 2019年10月17日更新

テーマ:フォーマルウエアのドレスコード

コラムカテゴリ:くらし

文化勲章
文化勲章、文化功労章の受賞者が発表されました。
平成24年はノーベル賞を受章された山中信弥京都大学教授をはじめ映画監督の山田洋次氏など6名の方が授章されます。

文化勲章はモーニングを着用

親授式
文化勲章は科学の発展、学術的な研究、文芸、彫刻、建築、音楽などの分野で創造的発展に特に功績のあった者に贈られます。

親授式は天皇陛下自らの親授により授与されます。その位は大綬章(旧勲一等)と同位に位置付けられています。

授章者は男性はモーニングを、女性は色留袖を着用の上、配偶者同伴で皇居に参内しそこで行われます。

●勲章等着用規定 昭和39年総理府告示

第3条 勲章等は、「燕尾服」もしくは「ロープデコルテ」又はこれに相当する制服(儀礼服)を着用するものとする。

但し、1等勲章以上(1等勲章及び大勲位)の勲章の副章、2等勲章以下の勲章、もしくは文化勲章、褒章又は記章を着用する場合には、男子にあっては「紋付羽織袴」もしくは「フロックコート」もしくは「モーニングコート」又は、これに相当する制服(儀礼服)に、女子にあっては「白襟紋付」もしくは「ロープモンタント」又はこれに相当する制服(儀礼服)を着用し、4等以下の勲章、褒章、又は記章を着用する場合には「平服」に着用することが出来る。

※ここで言う、「平服」とはブラックスーツを指します。
以上のように総理府告示のように勲章授与式には着用服装(ドレスコード)が規定されています。
紫綬褒章
漆黒のフォーマルブラック燕尾服やモーニングで身体にフィットしたオーダーメイドは洗練されたスタイルがフォーマルシーンを引き立ててくれます。

勲章・褒章の種類と伝達式での服装の解説はこちら
旧勳1等以上は天皇陛下から親授されます。
旧勲2等(中授章)以下は所管大臣や知事から伝達され、後日配偶者同伴で天皇陛下に拝謁します。

礼服の着用チャートはこちらをご覧ください。
燕尾服やモーニングコートのドレスコードやチャートを解説しています。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(お誂え洋服たなか)

Share
関連するコラム