まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

車いすに座って、カッコいいパンツスーツ

障がい者のオーダースーツ創り

2012年6月28日 / 2015年8月28日更新

入学式には自分の身体にフィットしたスーツを着たい

この春から、大学生。
入学式には新調のスーツで臨みたい・・・とレディスのパンツスーツのご依頼をいただきました。

大阪のY様姉妹。
可愛くて明るいご姉妹です。
いまどきのお嬢さんと同じようにファッションには大変興味があり、お出かけにはオシャレな帽子を被って車椅子を操作されてます。

お二人のお身体のサイズはだいたい7号ですが、今までは着脱のし易いと言う理由でサイズの大きい服(11~13号)をお求めになっていました。

顔つきはよく似ていますが、二卵性双生児でお好みには互いに違いがあるようです。
今回のスーツの生地選びもそれぞれの特徴が表れていました。

お母様と一緒に「どの柄、この色が似合うやろ!私はこっちの方がええ!あんたは?入学式以外にも着るし、そしたらどれにしよう?・・・」など賑やかに生地選びをされておられました。

●お好みの生地が決まったところで、デザインやオプションなどのご希望をご相談しながら採寸に掛かりました。

採寸は寝た状態で

採寸は基本的には立った状態でいたしますが、立ち上がることが出来ない方にはまず、寝た状態で総丈、背丈、袖丈、ズボン丈、股下そして介助の方(ご家族)にお手伝いをいただいて尻周り寸法を測ります。

そして次に、座った状態(車椅子に座る)で座高、肩幅、胸周り、腰回り(座ると大きくなる)とこれもお手伝いをいただいて、座った状態のズボン総丈、股下寸法を測ります。

お二人の障害の程度には各々少し違いがあり、体つきにもそれが顕著に表れています。
歩行も伝え歩きなら数メートルの歩ける方と全く歩けない方。
字を書いたり、パソコン操作はできるが、どちらも手を後ろで組むことはできません。

採寸した寸法を基に、それぞれの障がいの程度に合わせて型紙を起し、テーラーならではのマニプレーションを施して、それを選ばれた生地の上に乗せて(型紙の差し込み)チョークで描き裁断します。
【マニプレーションmanipulation:巧みな扱い】


仮縫いは2回行いました

仮縫いは座った状態の服を創るわけですから、1回の仮縫いでは身体の動かせる範囲とそれに伴う引っかかりやゆとりなどが微妙に合っていないことがあります。

それを調整して確認のため再度仮縫いを行いました。(中縫い)
そのうえで、お客様にも確認、納得していただいて本縫いに掛かります。

カッコ良く身体にフィットした服創り

■今回の服創りで最重要課題は『若い女性が恰好よく身体にフィットしたスーツを着ているということです。』
本来、ジャケットは肩幅がきちっとフィットしていれば上着丈などは意匠線として考えてもよいのです。
お二人の場合、手が上げにくく、いつも着脱に苦労をされてます。

そのため、アームホールは少し大きくしましたが、肩幅は各々のサイズに合わせフィット感を強調しました。
着脱がし易いように「背縫い線にコンシールファスナーを取り付け、背中を大きく開くようにしました。
ファスナーを開けると上衣は鳥が羽を広げたように左右に分かれます。」

着る時は、手を万歳に近いの状態にして袖に腕をを通して、肩を安定させてから背中のファスナーを下せば肩幅のフィットした服になります。
脱ぐ時も逆の手順ですれば、容易に着脱が出来ます。

●着用シーンは主に改まった時に着られますので、襟もシンプルなテーラードに・・・
上着丈が車いすの掛からないようにと座高に合わせて短くVゾーンも小さくしました。


●釦を掛けるのに手先が少しご不自由ですので、「上前は穴を開けずに糸カガリだけして釦を縫い付けて、その裏と下前にマグネットを取り付けて、マグネットを合わすとで釦を留めたようになります」

●スラックスは背中が覗かないように、後ろを長くしました。
脇からヒップの一番大きくなったところに向かってダーツを入れて座った状態で楽なようにしました。


●介助の方(ご家族)ご要望でスラックスを穿かすときに引っ張り上げやすく。
車椅子に座らせる時に持ち上げやすくしたいとのことで、「ウエスト部分にしっかりとした大きなループを付けました。」

残布で帽子を作りました

今回、ご注文いただいた生地が少し余りましたので、お持ちしましたところ「帽子を創ってくれ」とおっしゃいました。
幸い、懇意にしている、帽子職人に頼んで手間賃だけでお引き受けさせていただきました。



※弊社ではご注文いただいた生地が余った残布はお客様にお返ししております。
その残布を使って、時には帽子やマフラーなどを実費をいただいてお作りしています。

お二人をはじめご家族もたいへんに喜んでいただき、「やっと自分の身体にフィットした、オシャレなパンツスーツが着られました」とうれしいお言葉をいただきました。

後日、入学式のお写真が届ききました。
その晴れ姿を拝見させていただき、テーラーであることの喜びを感じているところです。

■障がい者のスーツの詳しいことはこちらをご覧ください。

■車椅子のスーツの詳しいことはこちらをご覧ください。


◆ハンドメイドにこだわったフルオーダーであなただけの特別な一着を仕立ててみませんか?
訪問販売も承っております。
京都・大阪・神戸など関西エリアだけでなく全国一円にお伺いしますので
お気軽にご相談ください!

紳士服のフルオーダーメード専門 お誂え洋服たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880
ordertnk@crest.ocn.ne.jp

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+