まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

車いすの父と一緒にバージンロードを歩きたい

車椅子ユーザーのフォーマルウエア

2012年5月23日 / 2016年9月4日更新

花嫁の父としてバージンロードを一緒に歩いてほしい・・・

お嬢様の結婚式にバージンロードを車椅子のお父様と礼服を着て歩きたい
バージンロードを一緒に
大阪のS様、
事故に合われ、身体を自分の意志で動かすことが出来ず、日常的に介助を必要とされています。移動は車いすを使用されています。

お嬢様が結婚されるにあたり、花嫁の父としてバージンロードを一緒に歩いてほしいと、お嬢様やご家族の方から礼服のご注文をいただきました。

介助、ヘルパーの方が着せ易いスーツ

車椅子に座った状態できれいに、厳かに見えるようにすることは当然のことですが、介助の方が着せ易い服を重点に考えました。
アームホールを大きく、背縫い線をファスナーを取り付けました。
上衣は着丈を座高に合わせて短くしました。
手が大きく動かすことが出来ないので、袖を通しやすくするためにアームホールを大きく、背中の縫い目線を大きく開けられるようにファスナーを取り付けました。

そうすることによって、万歳の格好で上から左右の袖を通し、肩に落とし、肩と袖を落ち着かせてから背中のファスナーを下すと上着は落ち着きます。

スラックスは前立て部分は縫い潰し、脇縫い目線を上から裾までファスナーと面テープで大きく開くようにしました。
ちょうど、袴の形態です。

脇縫い目線をファスナーを取り付けました。

前身と後ろ身が裾を起点に大きく開いています。

まず、後ろ身をベッドか車椅子に置き、そこに身体を乗せて、足首を通し、脇縫い目線のファスナーを引き上げます。
ウエスト回りは余裕を持つように面ファスナーで調整します。

介助の方がスラックスをグッと引き上げ形を整えやすくするために、ウエストの脇に少し大きめのループを取り付けました。

気品高いフォーマルスーツが出来上がりました。

後日、お喜びのお写真を送っていただきました。
歓びのご家族
車椅子スーツのことはこちらをご覧ください

※車椅子のユーザーの関連コラムはこちらまで
http://mbp-kyoto.com/order-suit/column/5546/
http://mbp-kyoto.com/order-suit/column/5744/


◆ハンドメイドにこだわったフルオーダーであなただけの特別な一着を仕立ててみませんか?
訪問販売も承っております。
京都・大阪・神戸など関西エリアだけでなく全国一円にお伺いしますので
お気軽にご相談ください!

紳士服のフルオーダーメード専門 お誂え洋服たなか
http://www.oatsuraetanaka.com
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880
ordertnk@crest.ocn.ne.jp

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+