まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

大切な衣類の防虫対策

洋服のお手入れについて

2013年9月1日 / 2015年5月22日更新

防虫対策はされていますか?

日頃、愛用しているオーダースーツの防虫対策はしっかりされていますか?

秋になり冬物を出したら、穴だらけ!

こういう経験をされた方が意外に多いのではないでしょうか。
イガ虫
衣類に付く虫の種類として「イガ」「コイガ」「ミメマルカツオブシムシ」などが代表的です。
ヒメカツオブシムシ
その多くはタンパク質の多く含むカシミヤ、モヘアやオールウールの製品を好みます。
ちなみに、ポリエステルや化学繊維混紡には付きません。

その他、クローゼットの中が満員電車状態や食べ物の汚れやシミも好んで食べに来ます。

防虫剤は虫を殺しません!

防虫剤は虫を殺しません。
虫が嫌いな臭いがするだけです。

衣類を虫食いから防ぐには市販の防虫剤が一般的ですが、匂いのある物も効果があります。
匂いのきつい石鹸、線香、アロマオイルそれと杉やヒノキなど細工物も虫を寄せ付けません。

防虫剤をタンスや衣装ケースに入れる時は、衣類の一番上に置いてください。その上にビニールを被せるのが望ましいです。
匂いは下へ降りて行きます。
蓼藍の花

親虫を退治しよう・・・

肝心なことは虫を寄せ付けないことです。
それには、卵を産み付けないように親虫を退治することです。
衣類を食べるのはそれらの虫の幼虫です。

今の時季から親虫の蛾が飛び始めます。
それを、見つけ次第殺処分しましょう。
そして、常に風通しの良い、クローゼットを維持してください。

お勧めは藍染やジーンズの衣類です。

藍染の原料の蓼藍は「蓼食う虫も好き好き・・・」と言われるように、藍染の衣類をクローゼットに入れておくだけで、防虫剤は必要ありません。
本藍染シルクジャケット

ブラッシングのお勧め・・・

ブラッシングは埃、花粉、簡単な汚れや虫の卵そして死骸などを払落しくれます。
ブラッシングについてこちらにも解説しています。

スーツのお手入れについてはこちらにも解説しています
クリーニングの塩抜きはこちらにも解説しています
上着の畳み方はこちらにも解説しています。
カシミヤコートのお手入れはこちらにも解説しています

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+