まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中輝彦

どんな体型にも応じた服創りをする、フルオーダースーツのプロ

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

コラム

衣替え カシミヤコートのお手入れ

洋服のお手入れについて

2013年3月20日 / 2015年9月22日更新

暑さ寒さも彼岸まで・・・

ところが今年は京都でも平年気温より低く、とうとう春一番も聞かず仕舞いであった。

しかし、もうすぐ4月、衣替えの時期が来ました。
いつまでも、厚ぼったいオーダコートは来ていられない。

コートをを脱いで、スーツスタイルが目立つ季節です。
カシミヤコート

コートを片づける時に、一言・・・!


一般的にはドライクリーニングに出しますが、その前に考えていただきたい!

このコートは今シーズン何回袖を通しただろうか?
シミ、汚れが付いているだろうか?

数える程しか着ていないなら!
シミ、汚れがほとんど付いていないなら!

答えはNO

答えはノー!
クリーニングに出さなくてもよい。

何故なら。

私の永年テーラーとして生地を扱ってきた経験から申し上げると、
コートに使用している生地は(カシミヤやウール)紡毛と言って、撚りが甘く、毛羽立っている生地です。
それをやたらに石油溶剤などのドライクリーニングをすると、生地の表面のふわっと感がなくなり、最悪の場合猫の死んだような(例えが悪い!)ベタ~っとしてムラムラの感触になることがあります。

上質のカシミヤやウールコートは極力、ドライクリーニングは控えていただきたいと思います。

では、どうするのか?

襟などは揮発油を薄めてさっと汗汚れを取り、そしてよく絞ったタオルで全体を軽く埃汚れをふき取ります。
そして、ハンガーに吊るしてよく乾かし、上から下へ軽くブラッシングをします。

それからカバーをかけてクローゼットに収納するか、畳んで洋服箱かケースに仕舞い込んでください。

弊社のお客様には以上のようにお勧めしています。
私のコートも3年以上ドライクリーニングはしていません。

※洋服の畳み方は次回に・・・。
ドライクリーニングのことはこちらを・・・

※洋服のことなら何なりとお尋ねください
スーツのお手入れについてはこちらにも解説しています。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

田中輝彦

田中輝彦(たなかてるひこ)

田中輝彦プロのその他のコンテンツ

Share

田中輝彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+