まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
奥村一正

中小企業等の特許・商標取得を支援するプロ

奥村一正(おくむらかずまさ)

奥村一正特許事務所

奥村一正プロのコラム一覧:特許の話題

 特許や先行文献調査に興味を持っていても、特許文献は読むのが難しいものです。まず、特許庁から公開される特許文書は、公開特許公報と特許公報があります。公開特許公報は、出願された特許が1年半を経過した後に公開されるもので、すべてが特許になるものではありません。公開特許公報は、主...

ある弁理士の方から、応援依頼がありました。お客様が特許審査官の見方、考え方等を教示して欲しいとのことです。特許庁で10年間、特許の審査官を務めていたので、この要請に応えることは可能だと思いますし、今までもセミナーを通じて審査官の見方、考え方についてお知らせしてきましたが、具...

特許出願の目的は、通常は特許権の取得ですね。今、特許を出願し審査請求してから1次審査が完了して拒絶理由通知又は特許査定が届くまでおおよそ10ヶ月程度を要しています。これが速いと感じる方もおられますが、遅いと感じる場合もあります。特許庁での特許審査を速くする方法として、早期審...

 「この装置をつくったから特許出願して」と、お客様にご指示頂いたことがありました。「この装置」とは何をどうするための装置なのかわからないので、質問を繰り返しながらようやく装置が何ものなのか理解することができました。また、お客様は、原理やアルゴリズムについての発明を特許出願する...

 ときどき実用新案の出願相談を受けることがありますが、私は、できる限り特許で出願することをお勧めしています。 実用新案は無審査で登録されますのでたしかにハードルが低いですが、権利行使にあたっては特許審査と同等の技術評価書の作成を特許庁に依頼する必要があります。技術評価書作成...

先日、東京でセミナー講師をしてきました。年末の忙しいときにもかかわらず遠方からも聴きにきて頂きました。ありがたいことです。私が審査官経験者ということがあって、セミナーででる質問は審査官に対する対応の仕方が多く、この点について悩んでいる方が結構おられることを感じます。審査官は権...

先日、弁理士会主催のパテントセミナーを京都で開催し、東京から土生哲也氏に来てもらって講演して頂きました。彼の講演は何回聞いても目から鱗なのです。どうゆうことかと申しますと、「知的財産は、商品やサービスを提供している企業なら必ずどこかに存在している」ということです。とかく弁理士...

 先日、コラムに「面接審査」について書かせて頂きましたが、その面接審査をした出願案件が、このたび目出度く特許査定となりました。 この案件は、2度の拒絶理由通知にもへこたれずに意見書、補正書を提出し、面接審査を実施し、またその後も2度のFAXによる審査官とのやり取りを経て認められ...

来る12月15日(金)に、「役立つ特許の賢いとり方 ~元審査官が教える特許審査の実情と優れた明細書の書き方~」と題してセミナーを行います。東京で恐縮ですが、聞いてみたい、と思われる方、講師割引もありますので、ぜひご参加下さい。講師割引を希望される場合は、ご一報下さい。セ...

 特許出願した後、特許庁に対して審査請求をすることにより審査が開始されます。特許審査においては書面審査が原則となっていますが、要請することにより審査官と顔をあわせて面接による審査を受けることができます。 今年の7月末には、グランフロント大阪に特許庁の出先機関(工業所有権情報...

奥村一正プロのその他のコンテンツ

Share

奥村一正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-746-2982

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

奥村一正

奥村一正特許事務所

担当奥村一正(おくむらかずまさ)

地図・アクセス

奥村一正のソーシャルメディア

facebook
Facebook

奥村一正のソーシャルメディア

facebook
Facebook

奥村一正プロのその他のコンテンツ