マイベストプロ京都
奥村一正

中小企業等の特許・商標取得を支援するプロ

奥村一正(おくむらかずまさ) / 弁理士

奥村一正特許事務所

コラム

特許をとるために出願する

2019年5月7日 公開 / 2019年11月6日更新

テーマ:特許の話題

コラムカテゴリ:法律関連

出願したことに安心せずに、必要な特許権を確保してこそ、事業に貢献することができますし、投資した資金も有効に活用されることになります。 
従来の多くの出願は、先行文献調査をあまり行わずに審査官に任せ、審査官からの拒絶理由に対応して補正できるように分厚い明細書を作成しているように思えます。その場合、補正の仕方によっては事業に役立たない特許請求の範囲となったり、審査の過程で不利な判断をされたりすることがあります。私は、このような従来の特許のとり方を「審査官任せの特許のとり方」と呼んでいます。 
出願に際しては、先行文献調査を実施して許請求の範囲を構成するとともに、審査に耐えうる明細書を作成し、審査の過程においては、審査官と十分な意思疎通を行い、事業に役立つ特許権を取得する活動が重要です。このような特許のとり方を私は「出願人主導型の特許のとり方」と呼んでいます。 
皆さんも「審査官任せの特許のとり方」から、私どもとともに、「出願人主導型の特許のとり方」に転換しませんか。

弊所ホームページはこちら

この記事を書いたプロ

奥村一正

中小企業等の特許・商標取得を支援するプロ

奥村一正(奥村一正特許事務所)

Share
関連するコラム

奥村一正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-746-2982

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

奥村一正

奥村一正特許事務所

担当奥村一正(おくむらかずまさ)

地図・アクセス

奥村一正のソーシャルメディア

facebook
Facebook

奥村一正プロのコンテンツ