まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
東かおり

年金相談のプロ

東かおり(あずまかおり)

オフィス あず

お電話での
お問い合わせ
075-756-7153

東かおりプロのコラム一覧:老齢

老齢

2018-06-22

こんな夫婦の相談がありました。夫66歳 妻62歳。夫婦共厚生年金に20年以上加入されています。夫は既に年金生活を送っておられますが、妻は頑張って働いており、厚生年金被保険者です。2人の収入の内容は以下のとおり。妻の標準報酬月額28万円 年間賞与額72万円 年収4,...

老齢

2018-06-01

65歳以降の老齢年金は、70歳までの間で支給開始年齢を選ぶことができます。これを一般的に「繰下げ」と呼んでいます。「繰下げ」は、65歳になった時に、自分は○○歳からもらいますと、予め申し出ておく必要はありません。「繰下げ」というのは、66歳以降70歳になるまでの間で、...

老齢

2018-05-17

厚生年金基金から支払われる年金(代行部分)は基金の規約に基づいて支払われています。基金が解散しますと、代行部分は国に返上され(代行返上)、国のルールに則って「老齢厚生年金」として支払われることになります。国のルールには、「一人一年金」という決まりがありますので、老齢・障...

老齢

2017-12-28

 あれから約4ヶ月ほど経ちました。 そう、振替加算の加算漏れの報道です。日本年金機構からお手紙が届いている方、ちゃんと手続きして下さいね。お手紙の中には、振替加算の手続きの届出書と、「戸籍謄本、住民票、配偶者の年金証書」がいりますという、案内のお手紙が入っています。...

老齢

2017-12-17

今まで基金から年金をもらっていたのに、その基金が解散したら国からもらってた年金が増えたけど税金(所得税)が増えてしまった。なぜなのでしょうか。基金は、本来国が払う年金を、国に代わって払っていたんですね。いわゆる「代行部分」です。基金が解散すると、この「代行部分」は...

老齢

2017-12-15

65歳の誕生月に、ハガキタイプの「年金請求書」が届きます。これは、65歳からの老齢基礎年金と老齢厚生年金をもらうためのハガキ。実務の世界では、「65(ろくごう)ハガキ」と呼んでいます。65ハガキは、65歳から年金をもらいたい人が出します。でも、中には66歳以降...

老齢

2017-10-03

前回の振替加算の続きです。年金の話をする上で、一番イメージしやすい夫婦の形は、妻:専業主婦夫:妻より年上でサラリーマン、厚生年金加入期間20年以上です。このような形の夫婦の場合、夫が65歳時に夫の老齢厚生年金に「配偶者加給年金」が妻が65歳到達月まで加算され、妻...

老齢

2017-09-24

昨今、年金制度が目まぐるしく変わっています。平成27年10月には厚生年金や共済年金が一元化されましたし、平成28年10月には、短時間労働者に対する厚生年金等の適用が拡大されました。そして一番新しいことといえば、平成29年8月から受給資格期間が25年から10年に短縮されたことでしょうか。そ...

東かおりプロのその他のコンテンツ

Share

東かおりプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-756-7153

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

東かおり

オフィス あず

担当東かおり(あずまかおり)

地図・アクセス

東かおりプロのその他のコンテンツ